レジスタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

汎用レジスタ

AX accumulator register データの一時記憶、各種演算
BX base address register 特定のメモリを指定するポインタ
CX count register 繰り返し処理命令の回数を数えるカウンタ
DX data register データの一時記憶。AXと組み合わせて剰余算

AH-AL, BH-BL, CH-CL, DH-DL

セグメントレジスタ
CS Code Segment 命令コードのあるセグメントアドレスを保存
DS Data Segment データのあるセグメントアドレスを保存
ES Extra Segment 第2のデータセグメントアドレスを保存
SS Stack Segment スタックセグメントアドレスを保存

※8ビット以下のCPUやセグメントを使わない設計のCPUには、セグメントレジスタはない

特殊目的
SI Source Index メモリを指すポインタ
DI Destination Index メモリを指すポインタ
BP Base Pointer プログラムスタックを管理するポインタ
SP Stack Pointer スタックセグメントで使うベースポインタ
IP Instruction Pointer 次に実行する命令のオフセットアドレスを保存

使用例:
BP, プロシージャの中で、パラメートとローカル変数にアクセス
SI, DI SIを転送元アドレス、DIを転送先アドレスとして、間接的にメモリにアクセスしたりする

フラグレジスタ
OF Overflow Flag 符号付き演算で桁あふれが生じるとセットされる
DF Direction Flag ストリング操作命令でポインタの増減を表す
IF Interrupt Flag リセットすると外部割り込みを受け付けなくなる
TF Trace Flag トレースで実行するときのフラグ
SF Sign Flag 演算結果が負になるとセットされる
ZF Zero Flag 演算結果がゼロになるか、比較で一致するとセットされる
AF Auxiliacy Carry Flag 補助キャリーフラグ(BCD演算で使用)
PF Parity Flag 演算の結果、1となるビットが偶数個のときセット、奇数個ならリセット
CF Carry Flag 演算の結果、桁上がりが生じるとセットされる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。