※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【メガ・イノセントソード】
説明
《メガ・イノセントソード》の効果で、すべてのクリーチャーを《無垢の宝剣》のように扱うコンボデッキ。
メガ・イノセントソード C 自然文明 (2)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+3000される。
これをクロスしたクリーチャーの上に、好きな種族の進化クリーチャーを置いてもよい。
デッキ構築に際して
クロスギアを展開するタイプのデッキなので、普通にクリーチャーを展開する他にコストを支払ってジェネレートまたはクロスをする必要があり、展開力の遅さは目立つ。
自然文明を基調とすることで、色事故防止の《薫風妖精コートニー》、cipブーストの《シビレアシダケ》他互換カードなど、メリットの多いクリーチャーを採用することが出来る。
またこれらのクリーチャーは、《メガ・イノセントソード》をクロスすることによってあらゆる進化元になることが出来る。
《薫風妖精コートニー》のおかげで、マナの色からは想像も出来ないような進化クリーチャーを呼びよせる事が出来、進化の上に進化も可能なため、コンボが成立すると非常に楽しい盤上となる。
また、進化クリーチャーを大量に採用するデッキな為、当然進化元が必要となる。そのため、呪文によるブーストより、先述のcipブーストクリーチャーによりブーストの方が効率的。
進化クリーチャーを多く採用するため、ちまちまとした呪文には手が届かない場合が多い。その為、《悪魔神バロム・エンペラー》など大量除去の可能な進化クリーチャーを何枚か差しておくと良い。
《メガ・イノセントソード》は当然4枚積みとなるが、それでも心配な場合《レオパルド・グローリーソード》も投入可能。そちらの場合はパワーが上がらない点に注意。4枚と5枚では引ける確率が全然違うので、差しておいてもいいと思われる。
注意しなければならないのは、《メガ・イノセントソード》《レオパルド・グローリーソード》の効果は「好きな種族の進化クリーチャーをおける」というものであるということ。「多色クリーチャーから進化」、「特定の文明から進化」、「進化クリーチャーから進化」などの進化は出来ないと言うことである。もちろん、クリーチャー自体が条件を満たしていれば進化できる。
また、多くの進化元が出来るので、メテオバーンとも相性がよい。《魔皇アゼルザード》などが強力。
手札を消費するスピードが速いので、《海底鬼面城》も採用すると良い。
採用しておきたい進化クリーチャー
名前 効果 解説
《魔獣虫カオス・ワーム》 cipで一体除去 ほぼ4枚投入される、優秀なcip持ち進化クリーチャー
《メガ・イノセントソード》下ではパワー8000と申し分ない。
《アストラル・リーフ》 cipで3ドロー 元祖殿堂入り進化クリーチャー
2マナと軽く、同一ターンに他の進化クリーチャーに進化も可能
《究極銀河ユニバース》 パワー17000のT・ブレイカー 5マナでは破格のサイズを持つ進化クリーチャー
2枚以上あれば、エクストラウィンも可能
《超竜バジュラ》 アタックトリガーで2ランデス 多くのドラゴンデッキでフィニッシャーとなってきた有名なドラゴン
場に出れば一度はランデスが出来るので非常に強力
《護法僧リョクドウ》 cipで2ブースト
マナからクリーチャー回収
《大勇者「ふたつ牙」》より小さく、融通の利く進化クリーチャー
序盤マナにおいた大型進化クリーチャーを回収する事が出来、便利
《悪魔神バロム・エンペラー》 cipで闇以外を除去 《悪魔神バロム》の転生版の進化クリーチャー
相手にもよるが場を一度リセット出来、光・水のブロッカーを吹き飛ばすことも可能
《神羅ドラグ・ムーン》 アタックトリガーで6000火力を2発 大きさ・効果共に強力な究極進化
6000という効果の広い火力を持ち、相手のクリーチャーを次々に墓地送りに出来る
このデッキの弱点
コンボデッキゆえ、速攻タイプにはやはり弱い。しかし除去能力を持つS・トリガーを多く積むことで、打たれ弱さをある程度緩和出来る。
《アクア・サーファー》など、S・トリガーをクリーチャーに偏重すると、《メガ・イノセントソード》で進化の種にも出来、一石二鳥である。
また、デッキコンセプトである《メガ・イノセントソード》が引けない、手札に大型の進化クリーチャーしか来ないなど、手札事故が起きやすく、態勢を整えにくい。
《エマージェンシー・タイフーン》などで手札を調整したいが、進化クリーチャーは墓地に置かれてしまうと甦ってこれない場合が多い(《インフェルノ・サイン》などのリアニメイトは進化クリーチャーに対応していない)など、難点は多い。
しかし手札事故を恐れて進化クリーチャーを減らしてしまうと、今度はこのデッキのコンセプトを見失ってしまう。コンボデッキを作る以上、このジレンマはある意味仕方ないといえる。