※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【アガジム・イリュージョン】
説明
《霊騎アガジム》と《ビックリ・イリュージョン》を使用し、1ターンで相手にとどめを刺すコンボを主軸としたデッキ。

霊騎アガジム R 光文明 (6)
クリーチャー:アーク・セラフィム 4500
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある自分のセイント・ヘッドをすべてアンタップする。

ビックリ・イリュージョン UC 自然文明 (3)
呪文
S・トリガー
種族をひとつ選ぶ。このターンの終わりまで、バトルゾーンにある自分のクリーチャーはすべて、その種族を追加する。
デッキ構築に際して
コンボの手段はこう。
1.《霊騎アガジム》がバトルゾーンにいる状態で《ビックリ・イリュージョン》を発動し、《霊騎アガジム》に種族、セイント・ヘッドを追加する。
2.セイント・ヘッドになった《霊騎アガジム》で攻撃宣言(アガジムはタップ状態)。
3.《霊騎アガジム》のアタックトリガーでバトルゾーンにあるセイント・ヘッドをすべてアンタップ(このタイミングでアガジムもアンタップ)。
4.《霊騎アガジム》はアンタップされているが、攻撃宣言はまだ処理されていないので攻撃宣言を処理。
5.攻撃が終了。《霊騎アガジム》はアンタップ状態なので、もう一度攻撃宣言。(2に戻る)

S・トリガーなどを踏まない限り、永遠に攻撃を続けることが出来る。
他の即死コンボと比べると、コンボに使用するカードの種類が少ないので決まる確率が高い。

このデッキの弱点
即死コンボデッキの宿命、「引きの弱さ」が一番の敵だが、それも他の即死コンボデッキに比べれば低い方だ。
問題は《霊騎アガジム》が6マナと多少重めなことと、《ビックリ・イリュージョン》がコンボ以外には全く効果がないこと。《ビックリ・イリュージョン》は一応S・トリガーを持っているが、ほぼ意味はないに等しい。《霊騎アガジム》のパワーが4500と小さめなのも決定力に欠けさせる。
コンボが発動しやすい反面、《ホーリー・スパーク》一枚で止まってしまうのが難点。これはある意味仕方がないことだが、より即死性を高めるときは《無双恐皇ガラムタ》などを使用したいが、あまりそちらに力を入れすぎるとわざわざ《霊騎アガジム》を使う意味が薄れるので注意しよう。
《霊騎アガジム》が《ストーム・クロウラー》にすら踏みつぶされるサイズであるのも厳しい。パンプアップはほぼ必須だろう。