※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【陽炎の守護者ブルー・メルキス】
説明
《陽炎の守護者ブルー・メルキス》をフィニッシャーに据えるデッキ。
陽炎の守護者ブルー・メルキス SR 光/水文明 (6)
クリーチャー:ガーディアン 8500
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーが相手のシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに表向きにする。それが「S・トリガー」を持つ呪文なら、自分がコストを支払わずに唱え、その後持ち主の墓地に置く。それ以外のカードであれば、持ち主の手札に加える。
W・ブレイカー
デッキ構築に際して
《陽炎の守護者ブルー・メルキス》はサイズ、能力共にフィニッシャー向けなクリーチャーで、これをメインにしたデッキはなかなかの強さを誇る。
相手のS・トリガー呪文を丸々盗めるのは強い。しかもブレイク置換効果なので、《無敵城シルヴァー・グローリー》他置き換え能力を持った城も難なく崩せる。

白青黒で組み、ドローと除去を他のカードでまかなうといいだろう。しかしあまりそちらに力を入れすぎると【除去ガーディアン】?になってしまい、ブルー・メルキスを入れる意味が薄くなってしまう。

投入を検討できるカード
名前 効果 解説
《パクリオ》 相手の手札を見て、一枚をシールドに埋める S・トリガー呪文を埋めて
ブルー・メルキスで発動する
《リキッド・スコープ》 相手の手札とシールドを全て見る より的確にS・トリガーを狙う
《超銀河剣THE FINAL》 クロスしたクリーチャーにG・ブレイカーを付与する ブルー・メルキスをG・ブレイカーにし、
敵味方のS・トリガーを全て発動
このデッキの弱点
もともとが【ガーディアン】と安定したデッキなので、これといった弱点はない。
注意する点は、発動できるのはS・トリガーの呪文だけと言うこと。S・トリガークリーチャーやS・トリガークロスギアは普通に相手に発動されてしまう。とはいえ怖いのは《アクア・サーファー》ぐらいなのでそこまで注意する必要はないか。