※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Android開発環境構築


概略

Androidの標準的なビルド環境の構築について記載する。
基本的には、Android Open Source Projectの和訳になる。

目次



開発環境構築

Ubuntu Linux(8.04,32bit-x86)上での開発環境構築について書く。
Windows上でやりたい場合は、VMware等を利用して実施。
Macとか他のLinuxディストリビューションについては、参照元をチェック。

  1. アップデート実施
    1. 「アップデート・マネージャ」を起動する(「システム」→「システム管理」→「アップデート・マネージャ」を選択)
    2. アップデートを実施する(「アップデートをインストールする」を押す)
    3. パスワードを要求されるので、入力してEnterキーを押す。
  2. 必要なパッケージを追加する。
    1. 「端末」を起動する(「アプリケーション」→「アクセサリ」→「端末」を選択)
    2. 「端末」上で、下記のコマンドを入力して、Enterキーを押す。
      • sudo apt-get install git-core gnupg sun-java5-jdk flex bison gperf libsdl-dev libesd0-dev libwxgtk2.6-dev build-essential zip curl libncurses5-dev zlib1g-dev
    3. パスワードを要求されるので、入力してEnterキーを押す。
      • 事前に、sudoを使った場合は、要求されない場合がある。
    4. パッケージのダウンロードが始まるので、終わるまで待つ。
  3. 念のため、再度アップデートを実施

  • 注意事項
    • 8.10だと別のパッケージ(lib32readline5-dev)が必要となるらしい
    • 64-bitだと、少し違うらしい


ソース取得準備

Android Open Source ProjectからAndroidのソース一式を取得する為のツール「repo」の導入方法を説明。
  1. 必要なパッケージ(Git)の取得
    1. 「端末」を起動する(「アプリケーション」→「アクセサリ」→「端末」を選択)
    2. 「端末」上で、下記のコマンドを入力して、Enterキーを押す。
      • sudo apt-get install git-core
    3. パスワードを要求されるので、入力してEnterキーを押す。
      • 事前に、sudoを使った場合は、要求されない場合がある。
    4. パッケージのダウンロードが始まるので、終わるまで待つ。
    5. (動作確認はしてないので・・)他に必要なパッケージがあれば、導入。
  2. repoインストール用のフォルダ作成と設定
    • 説明同様に、ホーム配下(~/bin/)に作成する場合を記載(/usr/local/bin/等でも良いと思う)
    1. 「端末」を起動する(「アプリケーション」→「アクセサリ」→「端末」を選択)
    2. ホーム配下に移動する
      • 「端末」上で、「cd ~」入力して、Enterキーを押す
    3. ホーム配下にbinフォルダを作成
      • 「端末」上で、「mkdir bin」入力して、Enterキーを押す
    4. コマンド入力時に、binフォルダが検索対象となっていることの確認
      1. binフォルダに移動する(端末で「cd bin」)
      2. 確認するパスを表示
        • 「端末」上で、「pwd」入力して、Enterキーを押す
      3. 環境変数を表示
        • 「端末」上で、「echo $PATH」入力して、Enterキーを押す
      4. 表示される文字列に確認するパス(pwdで表示されたパス)が含まれていることを確認
        • 区切り文字は、「:」(コロン)
      5. 含まれている場合、検索対称となっている
    5. 検索対象となっていない場合の対処方法
      • 別のやり方でもできる
      1. 「.bashrc」を開く
        • 端末で「gedit ~/.bashrc」を入力して、Enterキーを押す
      2. エディタが開くので、最後に下記1行を追加
        • PATH="$PATH:~/bin"
      3. 端末を一度終了させて、再度起動し、環境変数を確認
    6. repoを取得
      1. 端末で下記を入力して、Enterキーを押す
    7. repoフォルダの設定
      1. 端末で下記を入力して、Enterキーを押す
        • chmod a+x ~/bin/repo

  • 注意事項
    • repoを導入しなくても、gitだけでソース取得することも可能
    • 「.bashrc」の編集は自己責任で・・。


ソース取得方法(repo)

repoを使ってのソースのダウンロード方法について記載。
repoが導入されていることを前提条件とする。
  1. ダウンロード先のフォルダを作成
    • 以降、「~/mydroid」として作成したとする
  2. フォルダ内に移動
    1. 端末で「cd ~/mydroid」を入力して、Enterキーを押す
  3. ダウンロード情報の初期設定
    1. 端末で下記を入力して、Enterキーを押す
      • repo init -u git://android.git.kernel.org/platform/manifest.git
        • ビルドする場合は、「-b cupcake」等を付加して、バージョン固定したほうが良いと思う
    2. 名前、メールアドレスの問合せがあるので、入力してEnterキーを押す
      • Enterでデフォルトが入るので、とりあえず、それでも動く
      • 設定ファイル内に格納される。アップロード時に使用される(?)
  4. ダウンロード実施
    1. 端末で下記を入力して、Enterキーを押す
      • repo sync

  • 注意事項
    • repoのイメージとしては、「manifestに対応して、複数回のgitによるソース取得を実施する」(たぶん・・)
    • 「repo init」、「repo sync」ともに、失敗することがある。その際は、再度実施。
    • repoのオプション等は、http://source.android.com/download/using-repoをチェック
    • 「repo init」後に、manifestファイル(ローカルに作成されている)を変更することで、パッケージの追加、削除等の操作ができる


ソース取得方法(git)

gitを使ってのソースのダウンロード方法について記載。
gitが導入されていることを前提条件とする。
(とりあえず、ビルドしたいなら、素直に、repoを使った方が良い)
  1. ダウンロード先のフォルダを作成
    • 以降、「~/mydroid」として作成したとする
  2. フォルダ内に移動
    1. 端末で「cd ~/mydroid」を入力して、Enterキーを押す
  3. サーバからダウンロード
    1. 端末で下記(例:標準カーネル部分取得)を入力して、Enterキーを押す
      • git clone git://android.git.kernel.org/kernel/common.git

  • 注意事項
    • gitを1回実施するだけでは、1部分のみのソースを取得するイメージかな
    • 複数回実施して、repo1回と同程度になる(makeするまでに手間がかかる)
    • あるパッケージのソースだけ欲しい場合には、gitのほうが便利
    • 動くソース一式が欲しい場合は、repoのほうがおすすめ


ビルド方法

repoによりソースを取得した段階でのビルド方法を記載。
「~/mydroid」内で、「repo init」、「repo sync」を実施した状態だとする
  1. ソースのルートフォルダに移動
    1. 端末で「cd ~/mydorid」を入力してEnterキーを押す
  2. ビルドを開始する
    1. 端末で「make」を入力してEnterキーを押す

  • 注意事項
    • 設定を何もしていない状態だと、ユーザ空間のビルドがgeneric設定で実施される。
    • 上記の場合、生成物は「~/mydroid/out/target/product/generic」にできる
    • カーネルビルドは含まれておらず、基本的にユーザランドが生成物となる