※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VMwareの触り方


概略

VMware Playerのインストール、基本的な利用方法、そして、便利そうなことについて記載する。

目次



VMware Playerについて

VMPlayerは、仮想環境を起動させる為のソフトウェアのひとつ。あるプラットフォーム上で、仮想化して、別のプラットフォームを(複数でも)動かせるソフトウェアのひとつ。

例えば、(今の目的だけど、)WindowsXP上で、Ubuntu Linuxを立ち上げるような感じ。
WindowsXPをメインに使ってて、Androidビルドの為だけに便利で、Ubuntuにインストールし直さなくても、Ubuntuを動かせるようになる。

無償でゲットできるが、仮想ディスクを作る能力がない。

私が感じた感想。
  • 利点
    • WindowsXPがメインだと、導入が楽。
    • PCまるごとバックアップみたいなことができる。
  • 欠点
    • 動きが遅く感じるときがある。
    • Ubuntuの知識と同時に、VMwareに関しても多少知識が必要。

詳しい説明は、書籍とか、別途Webで参照。


インストール

VMwareのインストールについて書く。
基本的に、WindowsXP上で確認した項目となる。

  1. VMware Playerのダウンロード
    1. ブラウザで、VMware Playerのダウンロードページを開く
    2. プラットフォームに合わせたファイルをダウンロード
  2. VMware Playerのインストール
    1. ダウンロードしたファイルを実行する
      • 例:VMware-Player-2.5.3-185404.exe
    2. インストーラとなっているので、ダイアログに合わせて進める
  3. VMwarePlayerの実行(WindowsXP)
    1. スタートメニューからVMwarePlayerを立ち上げる
    2. 「開く」で、対象の仮想マシン(.vmx)を選択する

  • 注意事項
    • ダウンロードページで、アンケート画面みたいなのが出ますが、入力しなくても、Submitを押すと、次のページへ進める
    • 上記は、規約上良いのか不明・・(規約が英語で・・汗)
    • 仮想マシンは、インストールでは導入されない為、別途入手が必要


お試し起動

VMwarePlayerをとりあえず動かしてみる方法について書く。
VMwarePlayerだけでは、仮想マシン(仮想ディスク)を作ることができない為、別手段で入手する必要がある。

  1. 仮想マシンをダウンロード
    1. ブラウザで、Ubuntu日本チーム・VMware用仮想マシンのダウンロードページを開く
    2. 「Ubuntu 8.04 LTS」をダウンロードする
      • 例:ubuntu-ja-8.04-vmware-i386.zip
    3. ダウンロードしたファイルを解凍する
  2. VMwarePlayerを起動する
  3. 解凍したファイル内の.vmxファイルを開く

  • 注意事項
    • 関連付けができている場合、.vmxをダブルクリックしても起動できる
    • Android環境を構築する場合、上記お試しファイルをベースにしても良い


仮想環境の作成

VMwarePlayer用の仮想環境を作成する方法を書く。
特殊な環境を構築する必要が無い場合、上記のお試し環境をベースに使えば良い。

VMwarePlayer自身には、仮想環境を作成する機能は無い。
そのため、以下の手段が必要となる
  • VMwareServer等を別のツールを使う
  • 作成サイトを利用する
  • 仮想ディスクを作成して、環境ファイルを自作する

ここでは、作成サイトを利用する方法を記載する。
  1. ブラウザで、EasyVMXを開く
  2. easyvmx2.0を開く
  3. 必要な項目を設定する
    1. guest OSは、「Ubuntu Linux」にする
    2. HDDの容量は、今のPCのHDDの空き容量より小さくする
  4. 「Create Virtual Machine」を押す
  5. ダウンロードページに移動するので、ファイルをダウンロード
  6. 解凍すると、設定した仮想環境のファイルとなっている

  • 注意事項
    • 設定がめんどくさい、or、こだわりがない人は、”easyvmx2.0”ではなく、"super simple"を選ぶと良い。(設定項目が少ない)
    • 個人的には、環境領域と、データ領域を分割するのを勧める
    • 作成した仮想環境ファイルは、OSが入っていないので、OSインストールCD/DVD等でインストールする必要がある


仮想ディスクの作成

仮想ディスクを作成する方法を記載する。
目的は、仮想環境の中の仮想ディスクの取替え、または、仮想環境への仮想ディスクの追加となる。
VMwareServer等を使えば、作れそうな気もする。(未確認)
ここでは、有料ツールを使わない方法で、2方法記載する。
  1. EasyVMXを利用する
  2. Qemu-imgを利用する

EasyVMXを利用する

EasyVMXで仮想環境を作成する場合、設定した仮想ディスクがセットで含まれている。
その為、作成物の中の仮想ディスク部分を流用すれば良い。
  1. ブラウザで、EasyVMXを開く
  2. easyvmx2.0を開く
  3. 必要な項目を設定する
    1. HDD設定を、作りたい仮想ディスクの設定にする(SCSI接続ディスクも作れる)
    2. 他の設定は適当でも良いはず。
  4. 「Create Virtual Machine」を押す
  5. ダウンロードページに移動するので、ファイルをダウンロード
  6. ダウンロードファイルを解凍する
  7. (必要であれば)仮想ディスク部分(.vmdx群)をコピー(移動)する
  8. 仮想環境の設定ファイル(.vmx)を編集する

Qemu-imgを利用する

仮想環境を起動させるソフトQemuに付属するツールQemu-imgを利用して、VMware互換仮想ディスクを作ることができる
  1. Qemu-imgをダウンロードする
    1. ブラウザで、武田俊也様のページを開く
    2. 「QEMU on Windows」へ移動する
    3. Qemu on Windowsをダウンロードする
    4. ダウンロードしたファイルを解凍する
  2. Qemu-imgで仮想ディスクを作成する
    1. コマンドプロンプトで、Qemu-imgが格納されたフォルダに移動する
    2. ”qemu-img.exe create -f vmdk hdd.vmdk 10G”とコマンドを実行する
  3. (必要であれば)作成した仮想ディスク(.vmdk)を任意の場所へコピー(移動)する
  4. 仮想環境の設定ファイル(.vmx)を編集する

  • 注意事項
    • 仮想環境の設定ファイル(.vmx)で、使用する仮想ディスク(.vmdk)を指定している
    • ファイル名で指定する為、追加の場合、同じ名前だといろいろ不都合
    • ファイル名で指定する為、取替えの場合、変更前と同じ名前で上書きするとよい
    • ひとつの仮想ディスクは、複数のファイル(.vmdk)で表現される場合がある
      • 上記の場合、ひとつの仮想ディスクファイル(.vmdk)の中で、他のファイル(.vmdk)を参照するように、ファイル名が指定されている
    • 「qemu-img」の実行時には、help等で引数を確認してください

設定ファイルの変更

設定ファイル(.vmx)を編集することで、仮想環境の設定を変更することができる。
仮想環境の設定変更は、マシンの構成変更と同様の価値がある。

仮想マシン構成.vmx - VMware まとめ Wiki等に記載があるが、詳細は各自で、調べてください。
VMX編集ツール等も存在する為、すべて知る必要はない。
しかし、もらってきたVMware用環境をカスタムする為に、ある程度見れたほうが良い。
  • 例えば
    • 元々のVMwareの設定では、物理メモリが不足するの場合、メモリの値を変えれば、安定動作できるようになる(変えなくても、起動はできるかもしれない)
    • 元々のVMwareの設定では、物理メモリに余裕がある場合、メモリの値変更で、少し高速・安定化ができる


周辺機器について

ホスト(仮想環境を動かすOS/PC)に接続されたUSB機器等のデバイスは、ゲスト(仮想環境で動くOS/PC)向けに接続できる。
基本的に、ホスト、または、ゲストにつながるので、どちらにつながってるか、意識する必要がある。
  • 両方につながるということはできないと思う

ネットワークについては、ホストのみ・ブリッジ・NAT形式が選択できる。
以下、各形式の説明(間違ってるかも・・)
  • ホストのみ:ゲストからは、ホストのみ接続(使ったこと無い)
  • ブリッジ:ゲストから、ホストのLANをブリッジして、直接、ホストがつながるネットワークに接続
  • NAT:ゲストは、作成された仮想ルータにつながる。ホストも仮想ルータにつながっている。ゲストは、仮想ルータを経由して、ホストがつながるネットワークに接続

  • 注意事項
    • ホストのすべての接続デバイスがゲストで使えるわけではない
      • 例えば、ホストのHDDは、ゲストで直接見ることはできない(Qemuだと見れるかも・・)
    • USB-シリアル変更ケーブル等は、ホストのWindows上では、USBとCOMポートと二つ見えるが、ゲストでポートを使う場合は、ポートの権限のみをゲストに渡す必要がある
      • USBの権限を渡すと、ホスト上では、ポート認識できなくなる。その上、ゲストで、USBドライバが必要になる


関連リンク

VMwareに関連するサイトへのリンク等をまとめる。