※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実験環境


概略

Androidビルドに利用しているマシンスペックとかをまとめておく。
動く環境の参考にはなるのかな。

目次



Armadillo-500FX用開発マシン

現在、主にビルドを実施している環境となる。
ターゲットは、Armadillo-500FXとしている。
VMwarePlayer上で実施しているので、ホストとゲストPCについて記載しておく。

  • ホストPC
    • OS
      • WindowsXP SP3
    • CPU
      • Core2Duo6600(たぶん・・)
    • メモリ
      • 2GB

  • ゲストPC
    • OS
      • Ubuntu 8.04 日本版
    • CPU
      • 1つ
    • メモリ
      • 1GB

確認用Linuxマシン

Androidで動くかどうかを確認する為のLinuxマシンについて記載する。
アプリ開発なら十分な性能だとは思う

  • ノートパソコン(VAIO)
    • OS
      • Ubuntu 8.04
    • CPU
      • Core2DuoT2300
    • メモリ
      • 512MB


Armadillo-500FX

Armadillo-500fxは、組込み向けの開発キットになる。
仕様等の詳細は、公式となるAtmark Technoの紹介ページを見てください。

USBカメラ

Armadillo-500FXで試しているUSBカメラについて記載しておく。

  • USBカメラ
    • メーカ
      • ELECOM
    • 型番
      • UCAM-DLP130T
    • 最大解像度
      • 1280×1024ピクセル
    • 最大フレームレート
      • 30fps(〜640×480)、7.5fps(1280×1024)
    • 色数
      • 24bit