※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レン:
……………………。


ネロ:
ほう、百年級の使い魔か。
主は見あたらぬが、いずれ名のある術者の作と見た。

ネロ:
現世に肉体を持った夢魔など、簡単には成立すまい。

ネロ:
その顔でどれだけの人間を食らった、同胞よ。

レン:
……………………

ネロ:
む?譲れぬ琴線に触れたらしいな。
戦うというのなら相手になるぞ?

ネロ:
なに、遠慮は要らぬ。
こちらも、手頃な栄養が欲しかったところだ。


レン:
……………………

白:
今さらなんのつもりレン。
貴女はわたしを拒絶した。

白:
昏いところに閉じ込めて見ないフリをしてたのよ。
貴女にわたしを止める権利なんてないわ。

レン:
……………………

白:
バカにして、同情なんていらない……!
いいわ、ここで貴女を消して、わたしが貴女になってあげる……!


レン:
………………

白:
いいわ、敗者は大人しく勝者に従ってあげる。

白:
どうせ長続きはしないんだもの。
貴女が壊れてしまうまで、一緒にいてあげるわレン。

レン:
………………

白:
貴女がいればそんなコトにはならない、ですって?

白:
……フン。
便利に使われるのは我慢ならないけど、まあ、
信頼されてるかぎりは力になってあげるわよ。

白:
わたしたちは二人で一人。
貴女が守りたいものは、わたしにとっても
大切なものなんだから───


English


Len:
.........................


Nero:
Oh, a centuries old familiar?
I don't see your master,
but he had to have been someone famous.

Nero:
It isn't easy to create a dream familiar
with flesh nowadays.

Nero:
From your face,
I can tell you have preyed on many humans, comrade.

Len:
........................

Nero:
Hm? It seems your heartstrings belong to another.
If you want to fight, I will take you on.

Nero:
What, you don't need an eternity.
Besides, I also want a quick snack.


Len:
........................

WLen:
What do you plan on doing now, Len?
You're the one who refused me.

WLen:
You locked me away in a dark place
and pretended I didn't exist.
You have no right to stop me.

Len:
........................

WLen:
Don't make a fool of me,
I don't need your sympathy......!
Fine, I'll erase you right here and take your place......!


Len:
..................

WLen:
Very well, the loser has to obey the winner.

WLen:
You can't last long, anyway.
Until you break, I will stay with you, Len.

Len:
..................

WLen:
You're saying that won't happen if I am with you?

WLen:
...... Heh. I hate being used,
but I'll help you as much as you rely on me.

WLen:
We are one parson.
What you want to protect is also very dear to me───