※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



たとえば、動画IDがxxxxxxxxの動画の情報を得るには
"http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/xxxxxxxx" というURLを
ブラウザで開けばよく、この動画に関するXMLファイルのDLが始まります。

同じように、xxxxというユーザのプレイリスト一覧を得るには
"http://gdata.youtube.com/feeds/api/users/xxxx/playlists" というURLを
開けばよく、各 entry のなかの gd:feedlink ノードのurlを使うと
各プレイリストの動画一覧が得られます。

まあ、一度に取得できる動画エントリ数の上限とか、取得範囲の指定とか
細かいことは端折ります。大体この辺↓
http://code.google.com/intl/ja-JP/apis/youtube/reference.html#Query_parameter_definitions



上のリクエストで得られたXMLからタイトル一覧を作る:
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" ?>
<xsl:stylesheet
  xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" version="1.0"
  xmlns:a="http://www.w3.org/2005/Atom">
 
<xsl:output method="html" encoding="Shift_JIS"/>
 
<xsl:template match="/a:feed">
  <ol>
    <xsl:apply-templates select="a:entry"/>
  </ol>
</xsl:template>
 
<xsl:template match="a:entry">
  <li>
    <xsl:value-of select="a:title"/>
  </li>
</xsl:template>
 
</xsl:stylesheet>
 
デフォルトのnamespaceはAtomなので、てきとうにxmlns:aとかつけとく。


大体同じことをするJavaScript:
<html>
<head>
<script type="text/javascript">
 
load_data = function(q){
  var opt = "vq=" + q + "&orderby=published&start-index=1&max-results=50";
  var i;
 
  var xdoc = new ActiveXObject("Microsoft.XMLDOM");
  xdoc.async = false;
  xdoc.load("http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos?" + opt);
 
  var nodes = xdoc.getElementsByTagName("feed/entry/title");
  document.form1.result.value = "";
  for(i = 0; i < nodes.length; i++){
    document.form1.result.value += "** " + nodes[i].firstChild.nodeValue + "\n\n";
  }
}
 
</script>
</head>
 
<body>
 
<form name="form1" onSubmit="return false">
<p>
query: <input type="text" name="query" size="35" value="melty">
<input type="button" value="Run" onclick="load_data(document.form1.query.value)">
</p>
 
<textarea name="result" rows="15" cols="80"></textarea>
</form>
 
</body>
</html>