※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レン:
………………………………

翡翠:
レンさま……?
なにやら落ち着かないようですが、お出かけですか?

レン:
………………………………

翡翠:
……かしこまりました。いま鍵をお開けします。
秋葉さまや、志貴さまには?

レン:
………………………………

翡翠:
お二人には秘密、という事ですね。
……行ってらっしゃいませ。くれぐれもお気を付けて。

レン:
………………………………

琥珀:
などと!
そうカンタンには行きませんよレンさん!

レン:
…………!

琥珀:
いま、外はなにやら物騒……じゃないですよね。
誰もいないんですから。外はとっても静かで、
色々と企むにはもってこいの状態なのです。

琥珀:
そんな危険な街にレンさんを行かせるワケにはいきません!
色々企んでいる琥珀的に!

琥珀:
なので、それだけの実力があるかどうか───
ここで確かめさせてもらいます!

レン:
………………………………


レン:
………………………………

志貴:
うわ、レン……!?
び、ビックリした、脅かさないでくれ。
……って。なんで怒ってるんだ?

志貴:
もしかして散歩中に迷ったのかな?
しょうがないな、寄り道になるけど送っていくよ。
ここからならアルクェイドの部屋のほうが近いから……

レン:
………………………!!!!

志貴:
ええ、ますます怒ってる……!?
ちょ、待った、オレなんかしちゃったかレン!?



ネロ:
ほう、これは大番狂わせというヤツか?

ネロ:
本来ならここには魔眼持ちが現れる筈だったのだが───
使い魔は使い魔なりに、主人を守ったという事か。

レン:
………………………………

ネロ:
皮肉ではない。
純粋な賛辞だ、喜んで受け取るがいい。

ネロ:
なにしろ、働きを認められるのは
これが最後になるのだからな。

レン:
………………!!

ネロ:
ヤツが来ないのなら、こちらから出迎えに行かねばならん。
そこを退いてもらうぞ夢魔。
そのか細い首、頭をなでるように叩き折ってくれる。



オシリス:
─────────

レン:
………………………………

オシリス:
─────────再演算、停止。

オシリス:
幻影の夏をなぞり、結末だけを書き換え、ズェピアが
曲解の果てに辿り着いた第六法を成立させる。
一夜かぎりのタタリを、現実のものとする。

オシリス:
その為に、遠野志貴はワラキアの夜を消去した後、
私に消去されねばならなかった。

オシリス:
……精神干渉に特化した使い魔故に、一夜の齟齬に気が付くとは。

レン:
………………………………

オシリス:
……完全な設計をしたところで、それを成し得るのは
人の腕という事か。いいだろう。誤差(アナタ)が生んだ破局を、
私自らの手で修正しよう。

オシリス:
私は冥界の鳥。
死に絶えるオシリスの砂。
霊長を救う、最後のアトラスである。

オシリス:
これより侵入個体(アナタ)を賢者の石に変換する───!



翡翠:
レンさま? いつのまにお帰りに?

琥珀:
あ、ダメよ翡翠ちゃん、レンさんは寝かせておいてあげないと。
きっと大冒険だったんでしょうから。

翡翠:
……そうですね。
志貴さまも秋葉さまも、お怪我一つなく帰って来てくださいました。

翡翠:
きっと、レンさまが頑張ってくれたのですね。

琥珀:
そういう事です。
目を覚ましたらとびっきりのケーキで、
レンさんの勝利を祝ってさしあげましょう♥