※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

XSL

基本的にarticle.xslを指定する。

別のxslファイルから<xsl:include href="article.xsl"/>でインクルードして、
そっちをスタイルファイルとして指定する方法もある。その場合、
  • contentノード内で * を用いたマッチングが行われるので、ここにマッチするテンプレートを用意しておく
  • ヘッダ部分で<xsl:apply-templates select="style"/>が行われるので、styleにマッチするテンプレートを上書きしてcssファイルの読み込み処理などを出力させる
などの方法で新しい機能を追加できる。


root直下のノード

title

タイトルを記述する。

style

HTMLのstyleタグに何か書きたいときに使う。

cockpit

いわゆるパンくずリストを作るための情報。path/path_aをサブノードに持つ。

summary

ドキュメントの概略について記述する。ここに書いた内容はタイトルの下に表示される。

content

メイン。複数のtopicをサブノードに持つ。

footnote

脚注の本体。複数のitemをサブノードに持つ。


cockpit

パンくずリストを作る。経路をpathノードかpath_aノードで順番に指定する。
<cockpit>
<path_a place="tips/menu">Tips</path_a>
<path>あれこれ</path>
</cockpit>
後者はplace属性で指定したファイルへリンクが張られる。このときにURLの前半部と拡張子を省略できる。
これに限らず、URLの一部だけを指定するための属性はすべて(hrefではなく)placeと名づける・・・つもり。


topic

contentノードの中にpタグなどを直接用意していくこともできるが、
基本的にはtopicノードを用意してその中にタグや文章を記述していく。
<topic caption="XSLTを使って文書を作る" short="XSLTを使って...">
 ......
</topic>
article.xslは画面左端に全てのtopicを列挙したインデックスを作る。その際にはshort属性の値を見出しに使う。


footnote

本文中で<fn id="参照名"/>のように書くと、対応するIDの脚注へのリンクが生成される。
脚注の本体はfootnoteノード内に<item id="参照名">...</item>の形で記述する。


用意したブロック要素

section

雑に言うと、H3のこと。

subsection

雑に言うと、H4のこと。

display

少しインデントする。

mbox

ボーダーで囲んで文字色を変える。註などを想定している。

pairing

キーと値を … で結んで表示するためのテーブル。

twotone_table (仮)

取りあえず。th/tdの内容がテキストのみの場合はval属性に記述することもできる。

div

p

pre

ul / ol / li

dl / dt / dd



用意したインライン要素

a / inn

リンクを張る。innは内部の他のファイルへリンクを張るときのもので、urlの前半部と拡張子を省ける。
間違いを避けるため、innは(href属性ではなく)place属性を使う。

img / img_a

画像。後者は同時にリンクも張る。

q

色を変え、ダブルクォーテーションで囲む。引用ではないんだけど昔からの悪癖・・・

br

span

code

sub / sup

ins

nbsp