※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

YouTubeにないもの


動画にたどり着く方法

もし今のYouTubeに不足している部分を1つ挙げるとすれば、まず「動画が多すぎて探せないこと」だと思います。YouTubeの動画量は他のサイトの比ではなく、もはや古典的なキーワード検索では対応できないレベルに達しています。もちろん、単語にもよりますが、「melty」あたりだと検索漏れがちょこちょこ出てくる状況です。

とにもかくにも量が多いです。「melty」では目的と違う動画が多すぎる、しかし「melty combo」ではうまくマッチしない動画がある。ニコニコではstrictなタグ検索によってフォローされていますが、YouTubeではタグもまた投稿者次第なので有効に機能するか難しいところです(そもそも規模の問題は解消されない)。多言語が併存するだけに、表記ゆれの問題もバカになりません。

結局、現状だと他のサイトでリンクを見つけたり、または埋め込まれている外部プレイヤーで動画を見たりするケースが大半のように思われます。それもまた1つの正解だとは思いますが。


カフェ機能

実はもう1つ、YouTubeで目的の動画を探す有効な方法があります。興味のある人をSubscribeすることです。ニコニコでは投稿者マイリストが代わりを果たしています(ウォッチリストはあまり積極的に使われていない気がする)。YouTubeのアカウントを持っていないといけないのと、相手にSubscribeしたことが伝わるのが少し面倒でしょうか。別にSubscribeしなくても、投稿者のチャンネルにいってチェックする手もあります。

韓国の動画サイトを見ると、Daumなどは「カフェ」という名前のコミュニティ機能を備えています。BBSがあるのはもちろんのこと、トップページなどをかなり派手にカスタマイズできるようです(国内向けになってるから憶測の域を出ませんが)。とりあえず、ニコニコにある類似物よりは機能が充実しているようです。・・・ニコニコミュニティも結構動画の発掘に役立ってくれてるので侮れないんですが。

YouTubeにも「グループ」というのはあるんですが、あまりにも日陰すぎてよくわからないです。個人的には、他人に「YouTubeのメルブラコミュ」といって通じる程度に一本化されたものがあると、膨大な動画の海といった感さえある現状が幾分見通しのよいものに変わる気がします。