MHP3@Wiki ハプルシリーズ【剣士】

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハプルシリーズ【剣士】


特徴

村★4からの潜口竜の素材で作られる、男女共にヘッドギアと、ゴテゴテとしたポーチを貼りつけたピッチリボディースーツという、
近未来的かつ特殊作戦服風の装備。その姿はさながらかくれんぼ上手の蛇かはたまた遺跡守護の戦闘妖精といったところ。
ただし、前者は今回が入手できる。

なんでも飲み込む潜口竜の特性からか、「早食い+2」「まんぷく」「腹減り倍加【小】」と食事に関するスキルが発動する。
「早食い+2」は口に入れるアイテムの仕様動作を高速化するため、わずかな隙であっても安全に回復がおこなえる、心強いスキル。
対し「腹減り倍加」はスタミナを使用する武器では危機的状況に追われる可能性があるため、なるべく消したい。
また、水属性攻撃のスキルポイントが9あるので、火耐性が+10であるにも関わらず「水属性攻撃強化+1」が発動でき、
火属性攻撃を持ちつつ水属性が弱点のウラガンキンやアグナコトルにも使って行ける。
空きスロットは4つなので、無食珠【1】*1で「はらへり」を消し、食漢珠【1】*2、流水珠【1】*1で
「拾い食い」「水属性攻撃強化+1」に強化するのがベターか。

なかなか出ない”潜口竜の頭殻”を頭部と腰部の二つに使用するため、作成はかなり面倒な部類。
また「ガード強化」&「心眼」のアーティアシリーズや「回避性能」「耐暑」「火耐性」(「耐震」)のラングロシリーズなどなど、
火山の敵モンスターを相手どるのに優秀なライバル装備が同時期に作成できるのも痛い。
特にラングロシリーズではウラガンキンやドボルベルクに有効な「耐震」を抗震珠【1】*2で発動できるのだが、抗震珠【1】は
”潜口竜の頭殻”を使用する。どちらを作るかは、よく考えよう。

基本性能

値段 防御力









装備一箇所 2350z 18 2 -1 -2 -3 0
装備全箇所 11750z 90 10 -5 -10 -15 0
武具玉最大強化 2160z 120 LV4
上武具玉最大強化 3315z 165 LV7
堅武具玉最大強化 1440z 185 LV8

防具強化

防具強化 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8(MAX)
防御力 20 22 24 27 30 33 37
強化素材 武具玉 上武具玉 堅武具玉
費用 144z 221z 288z

生産素材

部位 名称 スキル系統 スロット 生産素材
ハプルヘルム 腹減り-3 食いしん坊+2 食事+2 水属性攻撃+4 --- 生産 潜口竜の頭殻*1 潜口竜の甲殻*2 竜骨【中】*5 狗竜の皮*2
端材 潜口竜の端材*2
ハプルメイル 腹減り-2 食いしん坊+1 食事+3 水属性攻撃+1 O-- 生産 潜口竜の皮*4 潜口竜の爪*1 潜口竜の甲殻*3 鮮やかな体液*4
端材 潜口竜の端材*2
ハプルアーム 腹減り-1 食いしん坊+3 食事+4 水属性攻撃+1 O-- 生産 潜口竜の爪*2 潜口竜の甲殻*2 鮮やかな体液*4 甲虫の大顎*3
端材 潜口竜の端材*2
ハプルフォールド 腹減り-1 食いしん坊+3 食事+2 水属性攻撃+1 OO- 生産 潜口竜の皮*3 潜口竜の頭殻*1 竜骨【大】*3 甲虫の腹袋*4
端材 潜口竜の端材*2
ハプルグリーヴ 腹減り-3 食いしん坊+2 食事+4 水属性攻撃+2 --- 生産 潜口竜の甲殻*3 潜口竜の爪*1 潜口竜の皮*3 甲虫の大顎*3
端材 潜口竜の端材*2
スロット合計/必要素材合計 4 潜口竜の頭殻*2
潜口竜の甲殻*10
潜口竜の皮*10
潜口竜の爪*4
鮮やかな体液*8
狗竜の皮*2
甲虫の大顎*6
甲虫の腹袋*4

発動スキル

スキル系統 発動するスキル あと少しで
発動しそうなスキル
食事 +2 +3 +4 +2 +4 +15 早食い+2
食いしん坊 +2 +1 +3 +3 +2 +11 まんぷく 拾い食い
水属性攻撃 +4 +1 +1 +1 +2 +9 水属性攻撃強化+1
腹減り -3 -2 -1 -1 -3 -10 腹減り倍加【小】

※あと少しで発動しそうなスキルとは ±4ポイント以内で発生 するスキルのことです。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|