平成19年CIO研修


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

平成19年度 CIO育成ケース研修

 

主催: 社団法人 日本中小企業技術振興協会

 

日時: 平成19年10月10日、11日

           11月15日、16日 (全4日間)

 

場所: 10月10日、11日   都立職業能力開発センター(飯田橋)

       http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/vsdc/chuo/access.html

      11月15日、16日   南部労政会館(大崎)

 

研修の狙い:

  中堅・中小企業において自社の経営課題をITで解決する

 

受講対象者:

  企業内でのCIO(最高情報責任者)もしくは、

 それに準ずる方

 または、これから自社の情報化をリーダーとして

 推進していく方

 注)パソコンやプログラミングの経験が無くても

 結構です。

 

 

 

 

研修カリキュラム:

 1日目 ・オリエンテーション

     ・経営改革とIT経営について(講義)

     ・経営環境分析と事業ドメイン分析(演習)

      ・重要成功要因の選択(演習)

      ・IT経営戦略策定(講義、演習)

 

  2日目 ・プロジェクトマネジメント(講義)

      ・プロジェクトマネジメント(演習)

      (自社の経営戦略、IT経営企画書、

       プロジェクト計画書作成を宿題とする)

 

  3日目 ・現状ビジネスモデル(講義、演習)

      ・新ビジネスモデル(講義、演習)

 

  4日目 ・モニタリング(評価指標値の設定)

      ・RFP作成(業者への要求仕様作成)

      ・情報セキュリティについて

      ・IT経営革新支援制度説明

 

 

  研修は、グループ演習が中心となります。

  研修カリキュラムについては、若干の変更が発生する

  場合がありますのでご了承下さい。

 

  リーダーとしての必要な基本スキルをケース企業

 の事例を基に習得する。

 ITによる自社の経営課題解決の

 プロジェクトリーダとして、

 プロジェクトの推進とITベンダーへの

 要求仕様を提示できるスキルを習得する。

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|