《邪帝ガイウス》

邪帝(じゃてい)ガイウス/Caius the Shadow Monarch》

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを除外し、除外したカードが闇属性モンスターカードだった場合、
相手に1000ダメージを与える。

帝の一体。カードの種類を問わない強力な除去効果を持つが、リリース一体の闇属性、悪魔族とモリンフェン様が完全に上位互換となってしまっているので投入する状況は限られる。
「発動する。」のテキストから分かる通り効果は強制発動であり、相手の場にカードが無ければ自身のカードを除去する事になる点に注意。
この点、モリンフェン様には強制効果が存在せず、状況を問わず扱えるカードとなっている。
闇属性モンスターを除去することにより1000ダメージというかなり有効なバーン効果も発動するが、やはりこれもモリンフェン様の攻撃力1550には遠く及ばない数値であり採用は難しいと言える。

余談であるが、闇属性には当カード含め複数の帝が存在するが、これは闇属性は他属性と異なり既に頂点にモリンフェン様が存在する属性である為「帝」の存在がさほど重視されておらず、一人だろうがもう一人居ようがあまり関係無いからであると推測される。
論拠としては闇と表裏一体であり、同じくモリンフェン様の統治下にある光属性でも同様の事象が確認されていることが挙げられる。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|