Oriel Kjeldos


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Oriel Kjeldos

Oriel Kjeldos(オリエル・キイェルドス)

King Miko(ミーコ王)の時代のStorgard(ストーガード)のClan Emerald(エメラルド氏族)の指導者。
シャーマンの尊称で呼ばれる初老の女性。

まだプレインズウォーカーでなかったフレイアリーズ/Freyaliseを「まるでプレインズウォーカーのような者」と未来を暗示するような形容をしたり、王国に潜む暗黒の存在(テヴェシュ・ザット/Tevesh Szat)に気付いている節をみせるなど、洞察力に優れる賢者。

テリシア/Terisiare大陸中を探検し、ミーコ王とStone Council(石の評議会)に大陸でストーガードが唯一現存する文明であると報告し、Glacier Raynor(レイノー氷河)に押し潰されつつあるストーガードを捨て南部への移住を提案する。
しかし提案は否決され、妄言を吐いたとして、ストーガードを離れる事や王国の遺物や魔道士への接触を禁じられる。

氏族の勇者Jason(ジェイソン)がフレイアリーズを決闘で破ると、移民団を引き連れてストーガードを旅立った。
移民団はキイェルド/Kjeldの町を興し、それが後のキイェルドー/Kjeldorへと発展した。
その名前の通り、キイェルド−の建国者の1人に数え上げられ、ジャーケルド/JarkeldMarton(マートン)と並ぶキイェルドー伝説の英雄である。

エイスサー/Aesthirを飼い馴らした最初の人物としても伝えられている。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。