Ow


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Ow》

#whisper

カード名が無い_____を除けば、マジック英語版の中で一番短いカード名を持つカード

普通にこれを置いて殴るだけでも面倒くさいのだが、これ自身をクリーチャー化して殴るとさらにややこしいことになる。
「相手がOwと言い忘れたことによるダメージ」でも能力誘発して再びOwと言わせる事になる。
複数場に出て居た場合、一つのダメージで全員の能力が誘発するので、複数で殴った場合には「殴った数×場に居るOwの数」だけ相手にOwと言わせる。

4匹で殴ると4*4=16回。16回のOwを言い忘れると次は64回である。対戦相手が気づかなかったり計算を間違えたりすれば即死級。
マルチプレイで全員が4枚入れたりすると、さらにヒドイことになる。

  • Censorshipで「Ow」を指定しても、トンデモナイことになる。
    OwとCensorshipの両方をクリーチャー化しておけば無限ダメージ

フレイバー・テキスト (日本語訳は あんかば カードリストより引用)

Have you ever noticed how some flavor text has no relevance whatsoever to the card it's on?

今までにどういったフレイバー・テキストがそのカードにまったく関係ないことに気付きましたか?

例えばこのフレイバーとかでしょ?

  • このフレイバー・テキスト、なかなか面白い。このテキストはなぜかしら人気があるらしく、Mouth to Mouthのフレイバー・テキストでも取り上げられている。やっぱりこっちもカード本編とは関係が薄い。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。