Apprentice


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アプレンティス32(Apprentice32)

オンラインでマジック対戦を行うためのフリーソフトウェア。
対戦することを主眼においているため、非常に軽量に作られたソフト。
Pentium2の300MHz、メモリが64MB程度であっても、サクサク動く。
その反面、Magic Workstationの様なビジュアル性は殆どない。
また、ハウスルールのカオスマジックにも対応している。

Apprentice本体は英語しかサポートしていないが、有志によって公開されているツールを使うことでカードテキストやインターフェースを日本語に対応することが可能。
中でもカードテキストの日本語化は、Magic Workstationには出来ないApprenticeの長所である。
しかし、各ツールとも日本語データの更新が止まっているため、最新のカードの日本語化には対応していない。

  • Apprentice32日本語化計画
    • 参照したカードデータを読み取り、外部ウィンドウに日本語版テキストを表示する日本語化ツール。日本語データは神河救済まで対応。インターフェイスの日本語化には対応していない。
      1.46eからはMagic Workstation同様のカード画像ファイル表示機能も追加された。
      なお、WindowsXP SP2がプリインストールされたパソコンでは動作しない。
      -Japprentice(公式サイトは現在存在しない)
  • Apprenticeのカードデータに日本語テキストを追加する日本化ツール。日本語データはフィフス・ドーンまで対応。
    インターフェイスの日本語化にも対応しており、一応WindowsXP SP2がプリインストールされたパソコンでも動作することが出来る。

Apprentice2.0

2003年頃、グラフィック面の強化及び2byte文字に対応したApprentice2.0の開発中スクリーンショットが公開され、話題を呼んだ。
クローズドβテストの話もあったものの、最終的にそのまま雲散霧消してしまった。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。