Quinton Hoover


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Quinton Hoover

Quinton Hoover(クイントン・フーヴァー)は、マジックのカードのイラストレーターの1人。1964年、コロラド州のフルイタ(Fruita)に生まれる。

アルファから参加しているフリーランス・アーティストであるが、おそらく彼が存在感を一気に現したのはレジェンドザ・ダークの頃であろう。
主線を大事にしたタッチは時には大胆な描き込みとなり、時には織り上げるように繊細に対象物を描き上げる。その線の美に魅了されたファンが多い。
(そう考えると、ボール・ライトニング/Ball Lightningは異端児的な存在で意欲作であろう)
アート・ディレクターであったJesper Myrforsに「アール・ヌーヴォー的」と評された彼の絵だが、ミュシャだけでなくさまざまな絵画・コミックから影響を受けたという。

主な代表作はVesuvan DoppelgangerHeadless HorsemanPixie Queen大天使/Archangelポータル第6版スターター)、Ivory Gargoyleなど。
(本人はDoppelgangerよりも再生/Regeneration第6版まで)なんかの方が出来が良かったと語っている。相良 守人訳「Quinton Hoover、子煩悩な父」参照)

  • Proposalでも有名な人物。Richard Garfieldの意向によりイラストは公開されておらず、また本人に与えられたものも紛失したそうだ。(盗難にあったとされている)

時のらせんの「リバイバル」テーマと共に復帰を果たした一人である。アンヒンジドEmceeではゲスト的な参加に留まったのだが、実に6年ぶりに(インベイジョン以来)マジック本編の舞台に舞い戻ってきたのである。しかも実に14年ぶりにお目見えになる新生のドッペルゲンガーヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter)をひっさげての登場だ。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。