REL


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

REL/Rule Enforcement Level

ルール適用度のこと。分かりやすく言えば、「どのくらいルールが厳しく適用されるか」を表したもの。
RELは低い方から順に「一般/Regular」「競技/Competitive」「プロ/Professional」の3段階がある。
それぞれのRELごとに標準的なペナルティの基準、運営に必要とされるジャッジのレベル、デッキリストやデッキ・チェックの必要性、適用されるK値などがきまっている。
一般的にカードショップや草の根大会はすべて一般イベントとして開催されている。これは大会に参加した経験のないプレイヤーにトーナメントに慣れてもらうことを目的としていることを意味している。

ルール適用度が高ければ高いほど同じミスでも課せられるペナルティは大きくなるが、決して「ルールが厳しいと細かいとこまで粗を探すようになる」と言う訳ではない。

日本選手権98のように「アタックの宣言を忘れただけで即警告→ゲームロス」のような「違反を犯さないためのゲーム」を繰り返さないためにも、単純なルールの誤認に対しては寛容な対処を行い、いかさまや大会運営の妨害に対しては断固とした処罰を与えるのがDCIの基本理念である。これはどのRELでも変わらない。

  • RELが高い大会は競技色がより強くなり、参加するためには予選で権利を勝ち取るなどの資格が必要とされるようになる事が多い。
    //しかし例外として、グランプリは自由参加のイベントであるが、賞金がかかっているためRELは4とかなり厳しい。
  • 2007年3月10日の改訂前は1〜5の5段階であった。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。