Raging River


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Raging River》

#whisper

ブロック妨害のエンチャント
相手が飛行クリーチャーばかりだとあまり意味がないが、そうでないならば実質的に相手のブロッカーを半減させることができる。

少しでも突破してプレイヤーダメージを入れたいとしては、かなりうれしい。

  • フレーバー的には『地の利を生かした、相手戦力の分断』ともいえる立派な戦術で、『無計画な赤』らしくはない。
    その意味で、これを赤らしくアレンジしたのがゴブリン・ウォー・ドラム/Goblin War Drumsと言っていいだろう。
    だいぶ性格は違うが、戦術ではなく狂気の突撃でブロックさせづらくするわけだ。
  • また違ったバリエーションとして、後に作られた山分けカード立つか転ぶか/Stand or Fallがある。
    Raging Riverは『分割をするのが相手、どちらのグループがブロック参加するのかをあなたが選ぶ』もの。
    立つか転ぶかは『分割をするのがあなた、どちらのグループがブロック参加するのかを相手が選ぶ』もの。
  • このカードが多数場に出ることによって生じると考えられるルール上の闇から、これはエンチャント(ワールド)に訂正されたこともある。
    その後再度のルール変更によりエンチャント(場)に戻る。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。