Rocket-Powered Turbo Slug


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Rocket-Powered Turbo Slug》(ロケット噴射ターボナメクジ)

#whisper

唯一の超速攻を持つクリーチャー。なぜかナメクジ
速攻に出してすぐ攻撃ならば、超速攻は場に出す前に攻撃、というコンセプトで作られた。
神河謀叛忍術とよく似ている。
さらに後にはこれが元となっていると思われる契約サイクルが登場した。

単純なマナレシオはいまいちだが、超速攻のおかげで通常より2ターン早く攻撃することができてしまう。
2ターン分ライフを多く削れる事になるし、打ち消されないし、奇襲にもなる。

次のターンに土地破壊されたりしないように。

  • 速攻は持たないので、普通にプレイしたりして場に出したとしても、そのターンのうちに攻撃に参加することはできない。
  • 直接攻撃に参加している状態で場に出るので、召喚酔いの制約は無関係。
  • 使い魔などで、超速攻のコストの軽減をすることはできない。同様に、コスト増加カードによってコストが増加することもない。
  • このコストの支払いは特別な行動であり、スタックに乗らない。
    が、敗北する効果はスタックに乗るので、もみ消し/Stifleを使えば支払いを踏み倒すことが可能。
  • 超速攻で場に出した場合、次のターンにこれが場に残っていなくてもコストを支払わなければならない。相手に寄付/Donateしたとしても超速攻を利用したプレイヤーがそのコストを払う。

デッキが全てこれならば、速攻で7体のナメクジを通してわけのわからない1ターンキルができる。

Type0の最強候補だが、不同の力線/Leyline of Singularityが同時に最強のメタカードになる。

ちなみに本体はカード右下。イラストに描かれている二人(ピット・ファイター、カマール/Kamahl, Pit Fighter怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath)が二人とも速攻持ちというのもポイント。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。