School of the Unseen


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《School of the Unseen》(カード)

#whisper

マナフィルター土地
デザイン的には、ホームランドに登場したAysen Abbeyサイクルを一括したものと思われる。
あれは3色しか出せなかったが、これは5色とも出せるようになった。

しかし、事故を防ぐ為に、単体では無色しか出せないこの土地を入れる事は本末転倒と言え、色を出す為のコストも大きいため非常に使い辛い。

リミテッドで3色目をタッチしたい時等を除き、使いたいカードではないだろう。

参考


見えざる者の学び舎/School of the Unseen(ストーリー)

見えざる者の学び舎/School of the Unseen

氷河期ラト=ナム/Lat-Nam、人目を避けて活動する魔術師の共同体。
この学び舎の前身は、古代ラト=ナム大学/College of Lat-Namそして暗黒時代City of Shadows(影の都)である。

ジョダー/Jodahを長とし、ゲルダ・アーゲスドッター/Gerda Aagesdotterが第2位の地位に就く。

氷河期にはラト=ナムとテリシア/Terisiareは氷河で陸続きになっているが、”見えざる者”たちはその境界に大氷壁を築き、魔法による監視地形を偽装するまぼろし幻影の衛兵を駆使して外敵の侵入から身を守っている。

”雪解けの時”/The Thawの混乱期には、隠遁生活の方針を転換し各地に仲間を派遣して情報収集と難民救済に活発に働く。

2954ARソルデヴ/Soldev崩壊の翌日、メアシル/Mairsil率いるファイレクシアの戦闘獣軍団に破壊され、およそ3000年の歴史をもつ学び舎は放棄された。 学び舎の生き残りは新指導者ゲルダにまとめられ、テリシアへと旅立っていった。

マナに溢れる危険な土地に変貌した学び舎の廃墟には、未だ多くの魔法の宝物が眠っており命知らずの略奪者が後を絶たない。→危険な研究/Perilous Research

AR46世紀には、見えざる者のアカデミー(the Unseen Academy)とも呼ばれている。

訳語

コールドスナップ危険な研究/Perilous Researchフレイバー・テキストで初めて「見えざる者の学び舎」と訳された。
また、「the Unseen」は第5版見えざる者の大魔道師/Magus of the Unseenカード名ですでに「見えざる者」と充てられ、定訳になっている。

関連カード

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。