Sekena


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Sekena

Sekena(セキーナ)

冒険家の戦士になることを夢見る、お転婆なドワーフの少女。15歳。
Melelki(メレルキ)の末娘で、Tamun(タムン)の妹。
動物の感情を”嗅ぎ取る”不思議な力を持つ。その力で、次に孵化しそうなドラゴンの卵を見分けたり、チビ・ドラゴン/Dragon Whelpと共感し手懐けてしまう。

ヘイヴンウッド/Havenwoodへの旅の道すがら、戦いで廃墟となった街Kalitas(カリタス)の惨状や人の死を間近に経験する。その上、人間リーオッド・ダイ/Reod Daiから自分の子供染みた考えに対して手厳しい批判を受けたことで、過酷な現実を理解していく。そして、自分の成すべきはオークの襲撃に遭っている同族のための行動だと心を決めると、Teedmar(ティードマー)の戦いに加勢すべく、母と姉をリーオッドに託し、2匹のチビ・ドラゴンを連れて一行と離れる。

旅の途中Scarza(スカーザ)近くの山中で、巨大な大人のドラゴンと出会う。セキーナ一行は、そのドラゴンと一緒に過ごす事で友情を育む。
数日後、ティードマーの方角に黒煙が立ち上ると、ドラゴンの背に跨り空を駆け街へと急行する。ゴブリンに追われる母と姉を発見、ゴブリンを退散させると母子は再会を果たす。

すでに廃墟と化したティードマーでは地下坑道に閉じ込められた生き残りを、ドラゴンの怪力で瓦礫を取り除いて救助する。
その後、母と姉をGurn Keep(ガーン砦)に送り届けると、再びドラゴンと共に巣へ戻る。

ガーン砦の攻防戦では、巨竜と2匹のチビ・ドラゴンと共にドワーフに加勢するが、数で勝るオーク・ゴブリン軍の前に、流石のドラゴンでも撤退を余儀なくされる。その後は戦いの推移を傍観せざるを得なくなるが、とうとう砦が陥落の時を迎えるに至り、城壁の上に追い詰められた母と姉、リーオッドを発見、無事3人を救い出したのだった。

  • セキーナの語尾「ee-na(イーナ)」を「ee-tri(イートリ)」と上手く発音出来ないドラゴンに正しい発音を教えようとしたり、ティードマーの生き残りにSevena(セヴィーナ)と聞き間違えられたりと、名前に関したエピソードが目立つ。
    他にも、「リーオッド・ダイ/Reod Dai」を『変な名前』と感想を漏らしてもいる(小説ではメレルキの台詞になっているが、短編ではセキーナの台詞と読める)。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。