Shahrazad


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Shahrazad》

#whisper

アラビアンナイトの語り部。
アラビアンナイトのすべての物語は、この人物によって語られる「作中作」の形式をとっている。
そのためこのカードも、作中作ならぬ「ゲーム中ゲーム」を作る効果となっている。

これを使うと時間切れが続出するとか。
サブゲーム中にまたこれを使う事もでき、もはや意味が分からなくなる。

しかし、実際にこのカードを使ってサブゲームをしようと意気込んでも、直ちにサブゲームを投了されてしまうことが多い。
そのため、凝った使い方をしようにも、結局は投了されても有効なバーンウィニーでなければ難しい。
ただ、このことは裏を返せば、このカードが「対戦相手はライフの半分(端数切り上げ)を失う。」と書かれた2マナソーサリーとしてのポテンシャルを秘めているという意味でもある。

  • フェッチランドの跋扈する環境なら、自分がフェッチランドを入れないだけでサブゲームをそこそこ有利に進められる。
  • 2007年7月のOracle改訂により、サブゲームでゲームから取り除かれたカードも、サブゲームが終了するとメインゲームのライブラリーに戻るようになった。
    これにより、幾つかのギミックが使用できなくなった。
    • サブゲームで積極的に対戦相手のカードをリムーブすることで、メインゲームでの対戦相手のライブラリーをズタズタにする戦略が存在していた。
    • 改訂前は待機との相性が良かった。
      サブゲームで待機されたカードは、サブゲームが終了しても依然として待機状態のままだったためである。

サブゲーム用のルールが1項目存在する。
長い間このカード専用のルールだったが、 冗談セットであるアンヒンジドでサブゲームを行う2枚目のカードEnter the Dungeonが収録された。

  • これでサブゲームが開始すると、メインゲームではこれがスタックに積まれたままになる。サブゲームが終了して初めて墓地に置かれる。
  • なお、このメインゲームのスタック上のShahrazadを燃え立つ願い/Burning Wishでサブゲームに持ち込んだりできる。
  • よく見ると多人数戦に対応している。

1994年1月25日より、ヴィンテージ禁止カードに指定されていたが、1999年10月1日に解除、
その後2007年9月20日よりヴィンテージ、レガシーの両フォーマットで再度禁止カードに指定された。

参考

総合ルール

#whisper
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。