Snowblind


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Snowblind》

#whisper

クリーチャーの弱体化エンチャント
にしては珍しい効果を持つカードだが、さすがにこれだけで除去はできなくなっている。

氷雪土地の数によってその弱体化量は決まるが、そのクリーチャーの攻撃状況によってその決定方法が異なるのが独特。

対戦相手が氷雪土地を使うか否かはわからないので、これをデッキにいれるための普通の作戦は『あなたが氷雪土地を多めにもっていて、相手のアタック担当クリーチャーにつける』ようなものになる。
これを付けられたクリーチャーが攻撃してくれば、小型クリーチャーでも倒せることになるだろう。

相手が氷雪土地を使っているならば、これを付けられたクリーチャーはブロッカーとしても非常に貧弱になる。
が、逆に言えば相手が氷雪土地をもっていなければそのクリーチャーはブロッカーとしては100%の戦力を維持するので、4マナを費やすカードとしては確実性に欠けることになる。

  • マジックでは『という領域は一つで、プレイヤーの所有ではない』ものであるが、これの能力はなんとなく『相手の場/あなたの場』というようなイメージを持っている、といっていいだろう。
    相手のクリーチャーは普段は『相手の場』にいるので、相手の持っている雪かぶり土地の数に依存。

攻撃すると『あなたの場』に踏み込んでくるので、あなたの雪かぶり土地の数に依存…というような感じ。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。