Soldevi Adnate


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Soldevi Adnate》(カード)

#whisper

Sacrificeに似た能力を内蔵したクリーチャー
一部のクリーチャーを生け贄に捧げてマナ生産を行える。
生け贄にできるのが『もしくはアーティファクト』という、恐怖/Terrorなどで知られる『黒が除去しづらい』条件なのが興味深い。

マナ加速として十分有効なカードではあるが、暗黒の儀式/Dark Ritualを擁するには少々やりすぎ感があり、あまり実用はされていなかった。

リミテッドならばかなり使い易いマナ加速になる。

  • 自分自身もクリーチャーなので、自分を糧にして黒マナ2つを出すこともできる。
    そのためよく考えると、Basal Thrullの『色拘束が弱く、かつ自分以外もマナに変えることができる』上位互換クリーチャーである。
  • 顔に刺青をいれフードをかぶった男性と女性の2種類のがあるが、この2つは左右が繋がっている。

参考


Soldevi Adnate(ストーリー)

ソルデヴ/Soldevの地下に潜む機械崇拝者集団。
機械の設計図のような刺青を彫り、皮膚を切り刻み金属の部品を縫い付けている。

Adnateとは、conjoined(結合する者、連接する者)ぐらいの意。その名の通り、機械との融合を望んでいるようである。

ソルデヴの異端者、遺物嫌いのソリンらはその危険性について警告するが、アーカム・ダグソン/Arcum Dagssonにとって彼らは下らない”都市伝説”に過ぎなかった。

Adnateたちの暗躍による、ファイレクシアの機械生物の暴動によってソルデヴは崩壊する。
が、同時に彼らも崇拝対象である機械生物たちに無残に蹴散らされ、踏み潰されて壊滅してしまう。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。