Susan Van Camp


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Susan Van Camp

Susan Van Camp(スーザン・ヴァン・カンプ)は、マジックのカードの女流イラストレーターの1人。
アーティストであり、漫画家でもあり、ゲームデザインも手がけるマルチ・クリエイター。

ミシガン州フリントで生まれる。彼女は7人兄弟のうちの一人で、両親はスーザンらを育てるために働きづめだった。
彼女がアーティストとしての仕事につくのを推してくれたのは母親だった。

学校ではつまらない勉強よりもとにかく落書きに勤しんでおり、逆にそれが絵の仕事や企画の土台になったのだと彼女は語る。

フライング・バッファロー社で、スティーヴ・ジャクソンの「カー・ウォーズ」や「トンネルズ&トロールズ」の広告や挿絵の仕事が、彼女の初仕事だった。
次に彼女はコミックをいくつかてがける。「Tales from the Anniverse」や「Varcel's Vixens」を描くが、「Varcel's Vixens」のシリーズは好きではあるものの、十分に生活していくことが出来なかったようである。

やがて彼女はSFとファンタジーのゲームコンベンションに顔を出すようになる。そこで絵を発表しているうち、たくさんの人と交流を持つようになり、やがてはディーラーとして自分の絵をコンベンションで販売するようになっていった。

マジックとの関わりは、1994年の夏、やはりGenCon(アメリカでは有名な大規模コンベンション)で、Jesper Myforsからスカウトを受けたことがきっかけだった。
彼女のイラストはアラビアンナイトから収録され、テンペストで最後となっている。

また彼女はRed Empire、Nuclear War、Colonial Zulu's、ウォーハンマー、Diablo II、リネージュと、ゲーム好きでもあるが、やはりTRPGが一番好きなようだ。
しかし、忙しいなかでT&TやD&Dを遊ぶのは一回のゲームに時間がかかりすぎるため、彼女は「Dragon Storm」という新しいゲームシステムのゲームを開発する。それは、忙しいなかでもTRPGを遊べるようなものだそうだ。

幼い頃からホビーショップでミニチュア・フィギュアを買うのが趣味だったが、Markという男の子にルーンクエストに誘われたことをきっかけにTRPGの世界を体験する。
それを縁にMark氏と結婚、現在は1匹の猫と2匹の犬とともに暮らす。当時のTRPG仲間とは毎週末に家に集まって、TRPGを楽しんでいるそうである。

どんどんリアル志向の続くマジックのイラストで、彼女のイラストはやはり素朴すぎたのだろうか。
彼女の描く動物たちはどれも愛らしく、草陰の待ち伏せ/Waiting in the WeedsWillow Priestessでは猫好きがよく現れているものだろう。
特筆すべきはレジェンドのGlyphシリーズをすべて描いていることだろう。

またトーナメントシーンではおなじみのジャッカルの仔/Jackal PupHymn to Tourachあたりが有名なカードである。
いわくつきのワイルーリーの狼/Wyluli Wolfを描いたのも彼女である。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。