Atinlay Igpay


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Atinlay Igpay》(テンラーのターブー)

#whisper

一見すると意味がさっぱり分からないが、このカードはピッグ・ラテン語で書かれている。
単語の最初の子音・子音群を語尾に移動し、そのあとに音価[ei]をつけるとラテン語っぽく聞こえるピッグ・ラテン語のできあがり。
テキストを訳してみるとこうなる。

Latin Pig (5)(白)
クリーチャー ― 豚(Pig)
二段攻撃
Latin Pigのコントローラーがピッグ・ラテン語ではない言葉をしゃべるたび、Latin Pigを生け贄に捧げる。
3/3

なかなか強いが、ピッグ・ラテン語なんて使い続けるのは至難の業。
対戦前にいくつか言葉を確認しておくといいだろう。

対戦相手が出してきたらLoose Lipsでいじめるべし。

  • イラストレーターが「Evkay Alkerway」となっているが、もちろんこれもピッグ・ラテン語。
    Kev Walkerのことである。
  • しゃべらないという手もあるがそれも至難の業。
  • ブタ語ではないので注意。
  • 色は違えど、憤怒スリヴァー/Fury Sliverなんか見るとブーブー言いたくもなる。
  • クリーチャーがチャークリーになるなど、いわゆる業界語のようなノリに近いので業界人には有利なカードかもしれない。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。