Terese Nielsen


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Terese Nielsen

Terese Nielsen(テレーズ・ニールセン)は、マジックのカードの女流イラストレーターの1人。1966年、ネブラスカ(Nebraska)州のオーロラ(Aurora)に生まれる。

田舎でまわりに家がないところで育った双子の兄Ron Spencerと彼女は、有り余る時間のほとんどを絵を描いて過ごしていた。
無尽蔵のアイディアを持つ兄の影響もあっただろうが、惜しみない兄の助力と自身の才能は、彼女に最終的にアーティストへの道を歩ませたのだった。

1996年にウィザーズ社の仕事を始め、当時製作されていたアライアンスでデビュー。ミラージュ以降も数多くのカードを描いている。
アクリルガッシュだろうか、非常に「キラキラした」画風が多く見られるが、人物だけでなくクリーチャーを描くこともあり、画風の多彩さは群を抜いている。

彼女の傑作は本当に枚挙に暇がない。カードパワーから見ればあの最強ピッチスペルForce of Willや各所でRegrowthする永遠の証人/Eternal Witness、ご注文はドッチ!?の嘘か真か/Fact or Fictionと、トーナメントでは非常によく見られる顔ぶれが揃っている。
また、コレクター垂涎の作品も数多く、グルランドはその頂点にも立ちうる。

イラスト単体で見ればムーン・スプライト/Moon Spriteは本人も認めるお気に入りの一つで、上下に長いその意匠と絵柄は、特に一度現物を見ていただきたいイラストである。
また、Foresightは親友をモデルに描かれているが、第5版第6版命の川/Stream of Lifeもまた同じ人物で描かれている。しかもモデルの強い要望で「山猫と一緒に描いてくれなきゃイヤ」ということで山猫が追加されたのだという。

ビハインド・ザ・カンバスではサマイトの古老/Samite Elderで祖母および子供達をモデルにしたことも明かされており、マジックのイラストを本当に楽しんでいる様子が伺える。

抑制/SuppressではThomas M. Baxaとマジックでは珍しい合作を残している。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。