The Abyss


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《The Abyss》

#whisper

古えの凶悪エンチャントの一つ。
クリーチャーデッキにとっては毎ターン恐怖/Terrorが飛んでくるようなものだ。

  • この能力は対象を取るので、スタックに積まれてから能力の対象にならないようにすればこのペナルティを回避できる。
    • 変異種/Morphlingのような「対象にならない能力を得られる」クリーチャーが場に出ているとえらいことに。
  • これを用いたデッキのパターンとしては、この能力の対象にならないアーティファクト・クリーチャープロテクション()及びアンタッチャブル能力を持つクリーチャーを投入したものがよく見受けられる。
    対象にとられないこれらは、このカードがあっても生き残れるため。
    もっとも、上記の変異種/Morphlingのようなクリーチャーでも無い限り、デッキの全てを耐性持ちクリーチャーで埋めなければ完全に被害を防ぐことは出来ない(対象に取れないので、他のクリーチャーを選ばざるを得ない)。
    より後世では、「破壊されない」クリーチャーの方が適任だろう。
    こちらは対象に取る事自体は問題なく行えるので、被害の回避にうってつけだ。
    -登場当時まともなプロテクション(黒)持ちのクリーチャーは白騎士/White Knight位しかおらず、実用に耐えるアーティファクト・クリーチャーも巨大戦車/Juggernautを始めごく少数だった。
    -当時のテキストで使われていた「埋葬する」の語を改めるに際し、「破壊する。それは再生できない」のほうが選ばれた。
    対象のクリーチャーはそのコントローラーが選ぶので、「生け贄に捧げる」のほうが自然なようにも思えるが、おかげで前述のように「破壊されない」クリーチャーとの強いシナジーが生まれることになった。
  • Moatとの組み合わせはしばしばクリーチャーデッキを封殺した。
  • アンヒンジドZzzyxas's Abyssはこれのパロディ。
  • イラストはかなり怖い。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。