The Rock


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Rock

正式にはThe Rock and His Millions(「ロック様とその100万のしもべ」の意)
黒緑コントロール寄りなグッドスタッフ
生ける屍/Living Deathが搭載されているタイプはマルカ・デスとも言う。

#whisper #whisper #whisper

全体除去である破滅的な行為/Pernicious Deedと多量のクリーチャーを併用しており、ディスシナジーを形成してしまう。
そのためヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elderなど墓地に行くことでアドバンテージが見込めるカード花の壁/Wall of Blossoms永遠の証人/Eternal Witnessなどの187クリーチャー貪欲なるベイロス/Ravenous Balothのような生け贄能力持ち、マスティコア/Masticoreのような再生能力持ちなど、主に破滅的な行為/Pernicious Deedと相性のいいクリーチャーが採用される。

さらに吸血の教示者/Vampiric Tutor生ける願い/Living Wishで多分な汎用性を持つ。
また、強力なコントロール要素を持ったデッキであり、対コントロール・対ビートダウン問わず安定した戦いが見込める。

マッドネスの登場により、3ターン目にでてくる尊大なワーム/Arrogant Wurmによって点数で見たマナ・コストに依存する破滅的な行為/Pernicious Deedの効果が薄くなり、起動した返しに出てくる墓地ワームの咆哮/Roar of the Wurmにも対処しづらかったので、一時期エクステンデッドトーナメントシーンから駆逐された時期もあった。
この時期はクリーチャー戦が主体となったため、タッチして終止/Terminate火炎舌のカヴー/Flametongue Kavuが投入された。
後にサイカトグマッドネスを食い始めまた復活するなど、興味深いメタの変遷がある。

ラヴニカ:ギルドの都参入後のエクステンデッドでは、ショックランドにより多色化の傾向が強まり、青を加え、けちな贈り物/Gifts Ungivenを採用してけちコントロールの動きを取り入れたバージョンが登場した。→けちマルカ

サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (14)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder
2 魂売り/Spiritmonger
呪文 (23)
4 強迫/Duress
4 吸血の教示者/Vampiric Tutor
4 陰謀団式療法/Cabal Therapy
4 悪魔の布告/Diabolic Edict
1 生ける願い/Living Wish
1 チェイナーの布告/Chainer's Edict
1 帰化/Naturalize
4 破滅的な行為/Pernicious Deed
土地 (23)
1 黄塵地帯/Dust Bowl
4 樹上の村/Treetop Village
4 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
7 沼/Swamp
7 森/Forest
サイドボード
4 貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth
2 帰化/Naturalize
1 次元の狭間/Planar Void
1 生ける屍/Living Death
1 要塞の監督官/Stronghold Taskmaster
1 消えないこだま/Haunting Echoes
1 顔なしの解体者/Faceless Butcher
1 マスティコア/Masticore
1 起源/Genesis
1 魂売り/Spiritmonger
1 黄塵地帯/Dust Bowl

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。