B-I-N-G-O


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《B-I-N-G-O》(オ・オ・ア・タ・リ)

#whisper

その名のとおりビンゴをやってしまうクリーチャー。1列揃うだけで+9/+9もの修整が得られる。
各列ごとに修整がかかるので、すべてのマスが埋まると73/73クリーチャーになる。

ビンゴの数字の並びは次のとおり。

1 4 7
8 5 3
2 0 6

対戦相手呪文でもマスを埋められるので意外と早く埋まるかもしれない。
数字の大きいマスは親和付きカードなどを利用すると楽だろう。縦中列が一番の狙い目か。

  • ゲームのビンゴとアメリカの童謡「ビンゴの歌(Bingo Song)」を掛けたもの。

Bingoという名前の犬が登場するもので、フレイバー・テキストはこれの歌い出しを微妙に改変したものになっている。

There was a farmer, had a hound . . .

実際の歌は
There was a farmer, had a dog and Bingo was his name-o
B-I-N-G-O, B-I-N-G-O, B-I-N-G-O
And Bingo was his name-o
(犬を飼ってる農夫さんが居たんだけど、犬はビンゴって名前だったんだって
ビー・アイ・エヌ・ジー・オー、ビー・アイ・エヌ・ジー・オー、ビー・アイ・エヌ・ジー・オー
ビンゴって名前だったんだってさ)
となる。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。