Type0


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Type0

いわゆる「なんでもあり」。
禁止カード制限カードが一切なく、マジックに存在するどんなカードでも自由にデッキに入れることができるフォーマット

  • 使えるカードの範囲を限定するなどのための取り決めがフォーマットであるから、「なんでもあり」をフォーマットと呼べるかどうかは議論の余地がある。

Type1ヴィンテージ)をも上回る自由度、もしくは一切の制約がないという意味で「Type0」と通称される。
DCI認定の正式なフォーマットではないので、トーナメントで採用されることはない。
カジュアルプレイでのゲーム以外に、「史上最強デッキは何か」などという議論のための思考実験でよく持ち出される。

あらゆるカードを好きなだけ使えるほどの資産が揃っているプレイヤー同士ならば、まず確実に1ターンキルの応酬となるだろう。
仲間内でのカジュアルプレイでは「なんでもあり」も悪くはないが、カードの戦力が十分で、組みたいデッキのコンセプトに反しないならば、一般的なフォーマットを意識した構築をお勧めしたい。

  • 相手の妨害がなければ、前者は100%の1ターンキルを約束し、後者は95%程度の確率で0ターンキルが可能。
    ライブラリーアウトを防ぐため、デッキの枚数は多ければ多いほど良い。(この環境でそんな試みをする者がいれば、の話だが)

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。