Vanguard


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Vanguard(ヴァンガード)

マジックのオプションルール、またはそれに使うカードのこと。
ヴァンガード・カードのサイズは通常のカードの倍の大きさ。

あらかじめゲームの横にヴァンガード・カードを出し、ゲーム中そのカードに書かれている能力を使用する、というもの。
手札の初期/最大枚数や初期ライフなども変化する。

ある意味で力線カードなどに近いと言える。
もちろんヴァンガード・カードはパーマネントとして扱われないので、対象に取られたり破壊されたりすることはない。

カードは全てストーリー上のキャラクターであり、多くはそのキャラクターを反映した能力なので、キャラになりきってゲームができる。

今まで(Magic Onlineを除いて)32種類のVanguardが登場している。
日本語版は存在しないが、国内でもイベントなどで英語版のVanguardが配布されたことがある。

1枚を自分で選んで使うのが一般的だが、ランダムで選んで遊んでも面白い。

各ヴァンガード・カードの効果カード個別評価:Vanguardを参照。
なお、画像はMAGIC RARITIESで見ることが出来る。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。