Vesuvan Doppelganger


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Vesuvan Doppelganger》

#whisper

コピーに関するルールが未整備だった初期の時代、非常に多くのQ&Aを生むことになったクリーチャー
長いテキストだが、要は『アップキープごとにコピー対象を選びなおせる、クローン/Clone』と考えればいいだろう。
アップキープの時点でに出ている、一番うれしいクリーチャーに『変身』できるということ。

  • アップキープに『変身』することは、これが『場に出る』ことでも『場を離れる』ことでもない。
    なので、これらの能力を持ったクリーチャーに変身しても、その「変身」だけではこれらに関連する効果を得ることはできない。(CR 503.4)
    • 例えば、『場に出るとライフ5回復』のレイディアントの竜騎兵/Radiant's Dragoonsに変身しても(場にでたわけではないので)ライフ回復しない。
    • 別の例では、『場を離れるとカードを1枚引く』サラカスの予見者/Thalakos Seerから他のものに変身しても(場から離れたわけではないので)カードは引けない。
    • もちろん、このカード自体が本当に場に出る/場を離れる場合は、そのコピー状態に合わせた効果は発生するので誤解なきよう。
  • 『変身』しても、それに乗っているカウンター類は変化しない。
    変身前後で意味を持たなくなるカウンター類もあるが、それはそのまま残しておく。
    • 例えば、累加アップキープの経年(age)カウンター。
      累加アップキープを持つクリーチャーからそうでないクリーチャーに『変身』した場合、経年カウンターは(その新しい姿では)無意味だが、残ったまま。
      もしその後にまた累加アップキープをもつクリーチャーに変身すれば、それなりに負担になるだろう。
  • Vesuvan Doppelgangerが場にいる状態で、他のVesuvan Doppelgangerをその「場にいるVesuvan Doppelgangerをコピー」するように出すことも可能。
    『変身』能力を2重に持つことになり非常に紛らわしいので、気をつけよう。
  • これが反転した場合、反転したと言う事実を「覚えて」いて、適正に使おうとする。→参考(MJMJ)
    • 反転カードをコピーした場合であるなら、反転後の特性を用いる。
    • そうでなければ、通常通りの特性を持つが、それをもって反転と言う事実を「忘れる」ことは無い。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。