Willow Priestess


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Willow Priestess》

#whisper

二つの起動型能力を有する銀髪のフェアリー

手札からフェアリーを場に出す能力はコストタップだけで、この種族に限ってはエルフの笛吹き/Elvish Piperよりも効率が良い。
しかし、フェアリーは非常に軽いものが多く、点数で見たマナ・コストが最大のカードは、実はこのWillow Priestessなのである。

そもそも非力な種族な上に、ロードのFaerie Nobleも強力とは言い難いカードなので有効活用は難しいが、このカードを複数採用しているデッキならば「二枚目以降はマナがいらない」と考えれば悪くない。
所詮は2/2であるが。

プロテクションを与える能力はコストも妥当で、黒のデッキと対戦している時にはそれなりに有効だ。

フェアリーデッキを作るつもりならば、現在のフェアリーは青に多い(緑9枚・青11枚,ディセンションまで)種族なので、緑のクリーチャーしか対象にできないのは残念なところである。
とはいえ、大抵の場合はこれで問題ないだろう。
このカード自体がダブルシンボルなので、他の色のクリーチャーと一緒に戦う機会は少ないはずだ。

ちなみに、このカードが発売された時点では、同じホームランドに収録されていたシー・スプライト/Sea Spriteを除き、すべてのフェアリーは緑だった。
青のフェアリーが増え始めたのは、ウルザ・ブロックからである。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。