Word of Command


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Word of Command》

#whisper

レミィがおすすめするマジックの中で最もイラストが怖いカード。
どれくらい怖いかといえば、夜寝るときに扉をすべて閉めないとこいつが現れるぐらい怖い。
イラスト

  • 見えるのは目だけなのでたまにアスキーアートにされてしまうこともある。

能力は相手に依存するところが大きいのだがマナ・コストも軽く、悪くは無い程度。
ただ、おまけつきの手札破壊に近いので、それなら同じマナ・コストHymn to Tourachの方を優先したいところ。

能力が若干運命の逆転/Reversal of Fortuneに似通っている。イラストは正反対なのだが。

このカードのフレイバーをなんとかもう一度形にしようとMark Rosewaterがこねくりまわした結果が、かの有名な精神隷属器/Mindslaverである。

  • よくこんなオリジナルカードを初心者が作る。やりたいことが分かっていても、ルールに則ろうとすると、これだけ複雑になるという例である。

裁定

  • カードのプレイを許可するが、そのカードが持つ能力をプレイすることはできない。
  • どのようなカードでもプレイを許可するため、スタックが空でなくてもソーサリークリーチャー土地をプレイさせて良い。
    (土地は1ターン1枚の原則に従う)
  • 宣言時の選択として、どのようにコストを支払うか、どの土地からマナを出すか等もコントロールできる。
  • 代替コストや任意支払いの追加コストが支払えるなら、そのコストを支払うこともできる。
  • 連繋できる場合連繋する呪文を決めることができる。
  • 解決時の選択として、増幅や形態の選択を行うことが出来る。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。