World Championship Decks 1998


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

World Championship Decks 1998

世界選手権98の上位デッキを製品化したもの。金枠
環境第5版ミラージュ・ブロックテンペスト・ブロック


Brian Seldenナイトメア・サバイバル

メイン サイドボード
1 沼/Swamp 1 堅牢な防衛隊/Staunch Defenders
8 森/Forest 2 夜の戦慄/Dread of Night
2 地底の大河/Underground River 2 紅蓮破/Pyroblast
2 カープルーザンの森/Karplusan Forest 4 沸騰/Boil
3 真鍮の都/City of Brass 3 エメラルドの魔除け/Emerald Charm
2 知られざる楽園/Undiscovered Paradise 1 宝石の広間/Hall of Gemstone
1 宝石鉱山/Gemstone Mine 2 ファイレクシアの炉/Phyrexian Furnace
2 反射池/Reflecting Pool
1 ヴォルラスの要塞/Volrath's Stronghold
1 雲を追う鷲/Cloudchaser Eagle
1 大クラゲ/Man-o'-War
1 貿易風ライダー/Tradewind Rider
1 スラルの外科医/Thrull Surgeon
2 ネクラタル/Nekrataal
1 夜のスピリット/Spirit of the Night
1 オークの移住者/Orcish Settlers
4 極楽鳥/Birds of Paradise
2 根の壁/Wall of Roots
4 花の壁/Wall of Blossoms
2 ウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutan
2 スパイクの飼育係/Spike Feeder
1 スパイクの織り手/Spike Weaver
1 新緑の魔力/Verdant Force
4 繰り返す悪夢/Recurring Nightmare
2 炎の嵐/Firestorm
4 適者生存/Survival of the Fittest
2 ロボトミー/Lobotomy
2 巻物棚/Scroll Rack

Ben Rubinデッドガイレッド

  • スライの一種で、チーム・デッドガイの構築したデッドガイレッド
  • 若干15歳であったにも関わらず、Ben Rubinは非常に目覚しいトーナメント結果を残した。彼はプロツアー・ロサンゼルスで2位になり、彼のホームタウンで行われたグランプリ・サンフランシスコで16位になった。Benは1998年の世界選手権では、「赤単ウィニー」や「スライ」と呼ばれるタイプのデッキを使用した。普段彼はもっとバランスの取れたデッキを使用することを好むが、このトーナメントでは攻撃的なスライを用いるのが合うだろうと考えた。このデッキは、土地、直接ダメージ呪文、小型の攻撃的なクリーチャーという3種類の構成になっている。

Brian Hackerアーマースキン

  • 白ウィニーのうち、シャドーウィニーに《浄火の鎧/Empyrial Armor》を使用するアーマースキンタイプ。サイドボードの《魂の絆/Spirit Link》が興味深い。
  • 当時23歳で、カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ・マジック・プレイヤー、Brian Hackerは、白ウィニーデッキが決勝進出を勝ち取るだろうと考えた。ハッカーは、このデッキはシャドーやコーといった20体以上の攻撃的なクリーチャーによって対戦相手を打ち破るように調整したと語る。従来の《ハルマゲドン/Armageddon》に依存する白ウィニーデッキとは異なり、Hackerのデッキは、《浄火の鎧》との相性が良い《大変動/Cataclysm》を使用する。

Randy Buehlerユーロブルー

  • 当時26歳でペンシルバニア州ピッツバーグ出身のプロ・マジック・プレイヤー、Randy Buehlerはトップ8には入らなかったが、世界選手権のスタンダード部門を6-1という目覚しい成績で終了した。Buehlerのドロー・ゴーデッキは、20枚以上の打ち消し呪文により純粋にコントロールするために構築された。彼は、打ち消し呪文を速やかに手に入れるために8枚のドロースペルと、攻撃用として4枚の《隠れ石》と1枚の《虹のイフリート》を採用した。Buehlerは、いくつかのゲームには自分のターン中に土地をタップすることなく勝利したと語っている。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。