おにぎりシュート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おにぎりシュート

日本発の地雷デッキ1999年の世界選手権でお披露目の予定だったが・・・。別名「三角シュート」。
製作者は「日本三大地雷」の一人、笹沼希予志

#whisper #whisper #whisper

Phyrexian Devourerを大きくして投げ飛ばし/Flingで致死量のダメージを与えるデッキまたは瞬殺コンボのこと。エラッタが出たため、現在は瞬殺不可能となっている。
名前の由来はカードイラスト欄に描かれたPhyrexian Devourerの形状。

当初Phyrexian Devourerには、起動型能力の最後の一文「Phyrexian Devourerのパワーが7以上である場合、それを生け贄に捧げる。」は無かった。そのため、第6版でスタックルールが登場したとき、生け贄に捧げる誘発型能力スタックに乗せたままパワー20以上にする事が出来た。
その後、ウルザズ・レガシー修繕/Tinkerが登場したことによりトーナメントレベルになった。手札5枚(魔力の櫃/Mana Vault+修繕/Tinker+投げ飛ばし/Fling+2枚は適当な土地)で2ターンキルが可能になったのだ。

  • ものすごく絶妙のタイミングでエラッタが出されたことでも有名。1999年世界選手権の前日に即日発効でエラッタが出た為、このデッキを持ち込むつもりでいて大慌てした選手は少なくない。

サンプルレシピ

  • 備考

サイドボードは不明。

キーカードPhyrexian Devourerが二枚しか入っていないのは、修繕/Tinkerから場に出すため。もしPhyrexian Devourerが手札に来てしまったら、渦まく知識/Brainstormライブラリーに戻す。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。