けちな贈り物 > Gifts Ungiven


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《けちな贈り物/Gifts Ungiven》

#whisper

直観/Intuition嘘か真か/Fact or Fictionに似ているカード。
直観/Intuitionの様に同名のカードは持ってこられないが、十分強力である事に変わりはない。
様々なデッキ手札墓地にカードを送るサーチとして使われる。

永遠の証人/Eternal Witness世界のるつぼ/Crucible of Worldsウルザランド全ての太陽の夜明け/All Suns' Dawnなどとの組み合わせ等、どちらを落としても結局欲しいものが手札に来るような組み合わせが望ましい。
ミラディン・ブロックとのスタンダードでは上記の通り永遠の証人と、第9版後は回収/Reclaimと、ラヴニカ・ブロック参入後は喚起/Recollectとコンビを組み、
その名を冠したけちコントロールの主軸として大活躍した。

  • 探すカードに条件がついているので、4枚のうちの一部または全部を「見つからなかった」ことにして、3枚以下のカードを公開してもかまわない。(0枚でもよい)
    ただし、対戦相手は可能な限り2枚選ばないといけないし、選ばれたカードは墓地に置かなくてはいけないことに注意。つまり、2枚しか探してこなかった場合だったら、2枚中2枚を選ぶ事になるので、探してきたカードをそのまま全て墓地に置くことになる。
    • 上記を利用すれば、「見つかった」カードを2枚以下に抑えることで、それらを確実に墓地に落とすような使い方も可能である。
  • この手の多くのカードと異なり、対戦相手を対象に取る。つまり、象牙の仮面/Ivory Maskを対戦相手に出されると(多人数戦でもない限り)プレイできなくなるので注意。
    (このカードの元となった直観/Intuitionは、「対象を取る」→「対象を取らない」→「対象を取る」と2度のOracle変更がなされており、けちな贈り物登場の時点では対象を取らなかった。)

サーチなので04/12/23からプリズマティック禁止カードになった。

また、07/06/20からヴィンテージ制限カードに。

主なデッキ

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。