さらなる速さ > Need for Speed


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《さらなる速さ/Need for Speed》

#whisper

の長年のテーマの一つである「速攻」をオデッセイのテーマである「墓地」と融合させたカード。
任意のクリーチャー速攻を与えつつ墓地を肥やし、速やかにスレッショルドを達成させることが出来る。
しかし土地1枚でクリーチャー1体に速攻は…はっきり言って効率が悪い。
スレッショルド達成以外に用は無い。いやむしろスレッショルド達成においても用は無い。

イラストからしてもフレイバー・テキストからしても、もの凄い速さである。
そのイラストから、通称「エイトマン」。(デッキの8Manとは無関係)

次のリストのように、追加コストなしですべてのクリーチャーに速攻を持たせることができるカードが普通は環境に1枚は存在するので、その意味でも「複数に速攻を持たせられないこともないが、そのコストは相当に辛い」このエンチャントにお呼びがかからないのは仕方がない所。土地1枚ですべてのクリーチャーに速攻、ならまだ投入の目はあったと思うのだが。

ヤヴィマヤの火/Fires of Yavimayaは一時代を築き上げ、残りも全く使われない事は無かった。
やはりアドバンテージ面での負担が大きすぎるということだろう。

  • リミテッド向けに思えるが、構築以上にアドバンテージが重要であり、尚且つ構築よりも遥かに遅い環境であるため、むしろ絶対にピックしたくないカード。
    土地を生け贄に捧げる事よりも、速攻を持たせる為だけにスロットを割きたくない、というのが実情である。
  • 上記のようにイラストが特徴的なカードだが、実はこのイラストは本来光明の守護者/Luminous Guardianのために用意されたものであった。
    素早く動くことでより多くのクリーチャーをブロックする、というコンセプトだったようだが、できあがったイラストがあまりに防御的には見えなかったため、さらなる速さに使われることになったのだ。→参考

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。