+1 > +1カウンター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

+1/+1カウンター(+1/+1 Counter)

+X/+Yカウンタークリーチャーの上に置かれている場合、そのクリーチャーのパワーにX、タフネスにYを加える。マイナスが含まれる場合も同様である。
なかでも、+1/+1カウンターを用いるカードは特に多い。ミラディン・ブロックシミックギルドのテーマのひとつにもなった。

検索

  • XやYに入る値には制限はない。-2/-1カウンターなんてものも存在する(Contagion)。→ カウンター一覧
    ただし、使う時に混乱が起きないようにという配慮から、+1/+1以外の修整を持つカウンターは、現在新たには作られていない。
  • クリーチャー以外のパーマネントが+1/+1カウンターを持つこともありえる。
    その場合は単に意味がないだけであり、そのカウンターが取り除かれたりはしない。
  • カウンターによる修整は、種類別の第6c種に分類されている。
    特性定義能力や一般のパワー・タフネス変更効果よりあとで、かつ修整を与える常在型能力入れ替え効果よりも前に適用される。
  • +1/+1カウンターと-1/-1カウンターを同じパーマネントの上に乗せていたら、それらのうち少ない方と同じ個数だけ双方が取り除かれる。これは状況起因効果である。
    • 例えば、+1/+1カウンターが2個、-1/-1カウンターが3個乗っていたら、両方が2個ずつ取り除かれて-1/-1カウンター1個だけが残る。
    • このルールはこれら以外のカウンターには適用されない。

+1/+1カウンターを利用する主なカード・能力

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。