Camouflage


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Camouflage》

#whisper

後に『変異』というシステムを生む、特殊な挙動をする呪文

現状のOracleは上記のように『攻撃クリーチャーのどれかを無作為に』選択するようになっており、カードゲームとしてどうやって選ぶべきか悩むだろうが、もともとのカードのテキストでは以下のように普通にカードだけで表現できるようになっていた。

(以下、カードテキスト意訳)
あなたは攻撃クリーチャーを裏返しにし、順番を自由にいれかえて並べる。
防御プレイヤーはそれに好きなようにブロッカーを割り当て、その後攻撃クリーチャーを表に戻す。
飛行クリーチャーを非飛行クリーチャーがブロックするような不正なブロッカーは戦闘から除外される。

やりたかった/表現したかったのは『攻撃者達はカモフラージュしているので、数はわかるがその正体はわからない。だからブロックできそうな者たちを適当に割り当てなさい』というようなこと。
その意味で、後の変異の原型とも言えるし、その変異のとばっちりをうけてプレイアビリティが低下したカード、とも言える(元カードの『裏返しに置く』ができなくなったので、このテキストになった)。

現在のテキストおよび効果を見るとまるで『混乱の色の』のような代物だが、以前のテキストならそのフレーバー通りのっぽさがあるのが面白い。

  • 『完全カード辞典』の非公式訳では「無作為に」が抜けてしまっており、何がしたいのか分からないテキストになっている。この効果は無作為に選ばれなければ意味を成さないのだ。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。