Curse of the Fire Penguin


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Curse of the Fire Penguin》 (炎ペンギンの呪い)

#whisper

クリーチャーが別物になってしまうエンチャント(クリーチャー)
そのクリーチャーが死んでも他のクリーチャーに移ってしまう。まさに呪い。

「乗っ取って混乱させる」というのが分かりにくいが、エンチャントされたクリーチャーのカードの下半分の部分が、このカードの下半分に上書きされるということである。
つまり、

ということである。
カード名マナ・コストイラストは変わらない。
「乗っ取って」とあるが、コントロールが移るわけではない。
クリーチャーの生け贄が必要な6マナ6/5というのも、対戦相手ファッティを6/5まで縮小させるのもなんだか微妙・・・

  • これは反転カードではないし、反転カードとは一切関係が無い。
  • クリーチャーがから墓地以外(手札ゲーム外)に行った場合は、これは場に戻らない。
  • 墓地から場に戻ろうとしたときにエンチャントできるクリーチャーが場にいないのなら、墓地に留まる。
    そうでないのなら、場にいるクリーチャーに必ずエンチャントしなくてはいけない。
  • 墓地から場に戻るのは対象をとっていない。そのため対象にならないクリーチャーにもエンチャントできる(もちろん、プロテクション(赤)を持つクリーチャーのような、エンチャントできないクリーチャーにつけることはできない)。
  • Curse of the Fire Penguinが場に戻るのは混乱させられているクリーチャーの能力であるため、本来なら「このクリーチャーが場から墓地に置かれたとき、このクリーチャーを混乱させていたCurse of the Fire Penguinという名前のカードをあなたの墓地から場に戻す。」と書かれるべきである気もする。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。