D5C


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

D5C(Donais 5 Colors)

青を中心とした5色で構成されるコントロールデッキ。別名5CU(5色青)。

#whisper #whisper #whisper

ガイアの祝福/Gaea's Blessingによってカードを使い回し、対戦相手ライブラリーアウトを待つか、火力の使い回し、或いは僅かなフィニッシャーによってライフを0にするパーミッション

カード・アドバンテージを非常に重要視したデッキで、どういったフォーマットでも土地以外のパーマネントは殆ど入っていないのが共通した特徴である(花の壁/Wall of Blossomsキャントリップのため除去されても問題ない)。

エターナル(〜ディセンション

この環境におけるパーミッションの常として狡猾な願い/Cunning Wishが採用され、高い融通性を持っているのが特徴。
レガシーでは数枚の、ヴィンテージでは上記を利用したシルバーバレットからの嘘か真か/Fact or Fictionを使用し、アドバンテージの面でさらに強化された。
ガイアの祝福/Gaea's Blessingとの相性が良いのも見逃せない。

フィニッシャーには正義の命令/Decree of Justice賛美されし天使/Exalted Angelが採用される。
また、アドバンテージを追求し、永遠の証人/Eternal Witnessを採用したものも存在。

コントロールカードとしては、剣を鍬に/Swords to Plowsharesの他に、5色である点が生かされる仕組まれた爆薬/Engineered Explosivesを使用。
また軽量アーティファクトの台頭するヴィンテージに限り、Mana Drainからのマナ・バーンの回避にもなる破滅的な行為/Pernicious Deedが取って代わる事もある。

スタンダード期(第5版ミラージュ・ブロックテンペスト・ブロック

Mike Donaisによって作られた"ドネの5色"デッキ。

ミラージュ・ブロックテンペスト・ブロック全盛期の頃存在した多数の特殊地形に支えられて登場した。

サンプルレシピ

メインデッキ サイドボード
4 クリーチャー 1 赤の防御円/Circle of Protection: Red
4 花の壁/Wall of Blossoms 1 解呪/Disenchant
33 呪文 2 エメラルドの魔除け/Emerald Charm
4 対抗呪文/Counterspell 3 エレファント・グラス/Elephant Grass
3 雲散霧消/Dissipate 3 水流破/Hydroblast
4 衝動/Impulse 2 ロボトミー/Lobotomy
2 直観/Intuition 3 紅蓮破/Pyroblast
2 マナ漏出/Mana Leak
3 ミューズの囁き/Whispers of the Muse
2 ガイアの祝福/Gaea's Blessing
1 地震/Earthquake
1 火の玉/Fireball
2 火葬/Incinerate
3 解呪/Disenchant
3 ジェラードの知恵/Gerrard's Wisdom
3 神の怒り/Wrath of God
23 土地
2 アダーカー荒原/Adarkar Wastes
4 真鍮の都/City of Brass
1 宝石鉱山/Gemstone Mine
4 島/Island
2 カープルーザンの森/Karplusan Forest
4 流砂/Quicksand
4 反射池/Reflecting Pool
1 サラカスの低地/Thalakos Lowlands
1 知られざる楽園/Undiscovered Paradise

エクステンデッドデュアルランド時代)

スタンダード期と本質的に変わらず。
但しフィニッシャーとして変異種/Morphlingが採用されていた。
優秀な除去である剣を鍬に/Swords to Plowshares、強力なカウンターであるForce of Willに支えられ、またデュアルランドによるマナ供給が可能であった為、非常に安定性の高いデッキと言え、人気を博した。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。