Dark Legacy


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dark Legacy

Harper Prismの小説第十作目(アンソロジーも含めると十二作目)で最終作。

暗黒時代テリシア/Terisiareミノタウルスエルフの血みどろの種族間闘争が続けられていた。
若者ユンニーはこの戦いに二つの武器を持ち込む。着る者を殺人機械と化す生きている鎧/Living Armorと、ひとたび目覚めるや殺戮者となる石像Tiyintを。
だが、すぐにユンニーは悟ることになる。危機にさらされているのは一王国の命運だけではないと。地の底より第三の敵現る!

Robert E. Vardeman 著(1996/12)

注意:作品の内容に関する記述が以下には含まれています。

主な登場人物

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。