Edgar Allan Poe


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Edger Allan Poe

エドガー・アラン・ポー(1809〜1849)はアメリカの詩人、小説家。
音楽的な詩と、怪奇的・幻想的な短編小説群で象徴派文学に多大な影響を残した。

「黄金虫」「モルグ街の殺人」等の作品を著したことから、推理小説(ミステリー小説)の先覚者と評されることも多い。

  • 日本人作家の江戸川乱歩(平井太郎)とは別人。
    ポーにちなんだ筆名をつけただけである。

使われた主なカード

ラースの死の奈落/Death Pits of Rath(8ED) 陥穽と振子 忘れられないのは、ここまで読んでいただいた陥穽のことばかりではない ― 突然の生命の喪失が、この最も恐ろしい計画の一部ですらなかったということだ。
凍てつく影/Frozen Shade(5ED) 沈黙 この世には不思議なものがあって、ひとつのものでありながら/二つの魂を持っている。そのように作られたから。/これら不思議の双子たちは/光と物質の両方から生まれ、固くもなれば、影のようにもなる。
マーシュ・バイパー/Marsh Viper(5ED) 長蟲の勝利 そして熾天使たちはすすり泣く。/毒牙を濡らす人の血に
幻影獣/Phantom Monster(5ED) 幽霊宮 まるで、おぼろな急流のごとく、/青ざめた扉を抜けて、/忌まわしき群れは次々と走り出で/あざ笑う ― されどもはや微笑むことはない。
Urborg(LEG) 海中の都 わびしき海、大空の下に/あきらめがてに横たわる/そこに塔と物影入り乱れ、/物皆、さながら宙に浮く/誇りかに立つ街の塔より/死の神巨大のごとく見下すなれ

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。