_____


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《_____》 (_____)

#whisper

マジックで最も短いカード名のカード。と言うより、カード名自体が無いカード。
下線が引いてあるが、これは「何もない」ということを示す記号であって名前の一部ではない。

好きな名前に変更できる能力があるため、WordmailNow I Know My ABC'sなどの名前を参照するカードと組み合わせると良い。
ただしマジックに存在しているカード名でなくてはならないので、適当な名前は付けられない。
そのため、これとNow I Know My ABC'sだけでは勝利できない。

ジョーク・エキスパンション以外のカードと組み合わせるなら、蓄積した知識/Accumulated Knowledge集中砲火/Flame Burstあと戻りの映像/Retraced Imageなんかもいいかもしれない。

FAQによるとフレイバー・テキストに書かれた能力も有効だそうだ。

  • {1}:このカードのフレイバー・テキストは、あなたが選んだフレイバー・テキストになる。(この能力はルール文じゃなくてフレイバー・テキストなので機能しない(ってかそもそも注釈文もそうだし、まあわかってくれ)。)

そのフレイバー・テキスト自体に「機能しない」と書いてあるが、気にしないでおこう(注釈文なのでその記述自体「機能しない」という解釈もできる)。
ちなみに、他のカードに書かれているフレイバー・テキストにしか変更できない。
これはMy First Tomeとの組み合わせが面白いだろうか。

  • 辞書式配列ではすべてのカードより前に配置される。
    //ただし、元の状態ではカード名を持たないのでZzzyxas's Abyssでは破壊されない。
    -「いつでも、どこでも使用できる」は「能力プレイできるときならいつでもこの能力をプレイできる」を意味する。
    能力がプレイできないタイミングでは、やはりこの能力もプレイできない。
  • 合体カードとこの能力を使って、こいつを場に出すこともできる。
  • デッキに1枚入れておけばマナ・バーン対策になる。
    • 「これがデッキに入っていることをどうやって証明するのか」とか「これが複数枚デッキにあったらどうするのか」など疑問はいくらでも浮かぶが、銀枠カードなので明確なルールは存在しない。処理方法を事前に相手と適当に決めておくことをお勧めする。

  • My First Tomeと使われるとちょっと困る。カードがわかっても名前を何と指定したらいいのかわからない。
  • 壮大のタネにどうぞ。
  • 名前がないため、通常、カード名検索に引っかかってくれないが、「_____」(半角のアンダーライン5文字)で登録されている場合がある。ちなみに、The Official Magic The Gathering Card Database(WoC公式)に掲載されている画像、マジック:ザ・ギャザリング 日本語オートカード(タカラトミー公式)に掲載されている画像

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。