Framed!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Framed!》(出来勝負だ!)

#whisper

アーティスト・マター転換/Turnaboutインスタント呪文

土地の絵師を統一しておけばマナ加速に、クリーチャーならコンバット・トリックに使える。
2マナと軽く、ストームなどのコンボデッキに入れても強力。
また、相手がアーティスト統一型デッキなら強烈なロック呪文としても働く。
これでコモンなのは流石ジョーク・エキスパンションと言ったところか。

タップするにしろアンタップするにしろ、自分と相手の両方に効果が及ぶのは注意。
銀枠マッチで多く目にするであろうアンヒンジドの土地絵師である、John Avon氏がイラストを手がけたパーマネントはなるべくデッキから外しておくといいだろう。

  • アーティスト名、タップ・アンタップを選ぶのはどちらも呪文解決時。
  • エンチャントをタップできる。例によって、この事が意味を成すケースは希だが。
  • 等時の王笏/Isochron Scepter刻印して、Mark Harrison氏+アンタップを指定すれば等時の王笏/Isochron Scepterが起きあがる。
    何かに使えそうな気もするが、Mark Harrison氏がイラストを描いたカードは絶対数が少なく(→参考)、土地なども存在しないのでそう簡単にはいかない。Brushstroke Paintermageなども使えばなんとか・・・?
    もしくは単純にもう1つ等時の王笏を用意すればいい。
  • このカードの絵師、Alan "Don't Feel Like You Have to Pick Me" Pollack氏のコメント部分を和訳すると、「私を選ばなければいけないように感じないで下さい」となる。
  • "framed"には「枠にはめられた」という意味と「濡れ衣を着せられた」という意味がある。これをかけたカード名か。
    • カード名は「ハメられた!」のほうがストレートだったかもしれない。

フレイバー・テキスト (日本語訳は あんかば カードリストより引用)

Who knew an 8" by 10" could feel like a 2" by 4"?

20cm×25cm が 5cm×10cm みたいな気分になるなんて誰が知ってるんだ?

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。